マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« いつも、当ブログをごひいき頂いて有難う!の各位に告ぐ | トップページ | ガンディーニのクアトロポルテ(その18:エンジンの⑧) »

2008年8月30日 (土)

ガンディーニのクアトロポルテ(その17:エンジンの⑦)

もう、月末だし、そろそろ息切れすると思ってるだろー。みんな。頑張ってるんダヨーン、ざんぎょーしてまでも。

えー、まだつづくのー、のこのコーナー。もう厭きたでしょ?そろそろ。クアトロポルテユーザー以外の方々は、ご興味半分かもしれないけれども、まあ、今しばらくご辛抱の程を!

90度V型6気筒(8気筒)DOHC4バルブ インタークーラー付ツインターボ
エンジンスペックのつづきはコレでしたね。

はい、このV型90度というバンク角は、マセラティ伝統のレイアウトですね。ちなみに、第二次大戦後に製造された、ロードカー(いわゆるGTカー)には、戦後初期の「A6シリーズ」から始まって、直列4気筒、直列6気筒、V型8気筒、V型6気筒などの基本レイアウトがありました。
このうち、フロントエンジン時代のフォーミュラーワン用マシン「250F」の「直列6気筒」エンジンを源流とするのが、「3500GT」「ミストラル(デュオポスティ)」「3500GTIS(セブリング)」などの市販GTカー群。
レーシングスポーツプロトタイプの名車「450S」の「V型8気筒」をロード用にモディファイしたものが、「5000GT」「ギブリ(初代)」「メキシコ」「インディ」「ボーラ」「カムシン」「キャラミ」「クアトロポルテ(3台目:ガンディーニルックの前のヤツ)」「ロイヤル」等々の各車に排気量を適宜変えながら積まれていきました。
そうして、70年代のシトロエン提携時代に生まれた「V型6気筒」。これは、そもそもシトロエン社が、当時開発中のフラッグシップモデル(シトロエンSM)用の心臓として、マセラティ社にエンジンのみ開発を依頼してきたもので、上記の「V8」の2気筒を「ブッた切って(もちろん半分冗談ですヨ:笑)」おそるおそる奏上したら、そのまんま通っちゃったモノ。で、当時出現した「ベイビーミウラ」こと、「ランボルギーニウラッコ(これは、ミッドシップ車なのに、プラス2の後席がついてるという点で画期的だった)」迎撃用(笑)に、これまた「ボーラ」を「ブッた切って(コレばっか:笑)」、「メラク」をこしらえるにあたって、後席スペース確保のためにこのV6を積んだという経緯があるわけです。ちなみに、まったくの余談ですが、このエンジン搭載車は、「シトロエンSM」「マセラティメラク」の他に、フランスの極超少量生産メーカー「リジェ社」の「JS2」というのがあります。こんなマイナー車も30年前の「スーパーカーブーム」の折には、例の「サーキットの・・・」という有名マンガの劇中に登場する、結構どーでもいいサブキャラ(さて、ダレでしょう。このクルマの前にはフェアレディZ432Rに搭乗)が搭乗してたという理由だけで、プラモ化されてたから商魂恐るべし(笑)・・・。

あっ、先を急ぎましょ。スグ余談になっちゃう悲しいサガ。

で、このマセラティ社的には「メラク用」エンジンは、当時の水準では非常にコンパクトに仕上がっていたため、デ・トマソ傘下になってからの「ピッコロマセラティ(小さなマセラティ)プロジェクト」では、この90度V6というレイアウトに着目したわけです。

ここから先はまったく、ワタシの推論(創作に近い?)なんですが、当時の文献を紐解くと、まず「ビトルボシリーズ」は「BMW3シリーズ」の市場で闘わせようとしていたらしいんですね。で足回りはセミトレーリングアームとマクファーソンストラットで完全に3erのパクちゃん(笑)。でも、当時のBMWは直列の4か6気筒しか手持ちに無かった。ここで、おなじみの「差別化」戦略が登場し、「高級な(部品点数と組立工数が直列エンジンに比してとっても多くなるから)」V型エンジンを採用、しかもヒジョーにコンパクトなんで、思いっきり低重心に出来てノーズも薄く作れるからいい感じ。で、とりあえずのアドバンテージは確保(笑)。敵(BMさん)は、シングルカムエンジンなんで、ここは、コストダウンのためにも、ウチもシングルカム(SOHC)で、まっいいか(笑)。でも、気筒あたり3バルブ(70年代後期にはホ○ダのオートバイ用エンジンには、コレがもうあった。CB400TとかCB400Nなどのホークシリーズに搭載:2気筒だけど)くらいにはしとこう、カッコ付かないし。うーん、後発切り込み隊長としては、なんつーか、こう、もうひとつ「アタックポイント」がほしーよなあ。と考えて、「ターボチャージャー」でも付けてみる?ってなハナシが出て、いやー、敵さんには、もう、ずいぶん前からターボ車(BMW2002ターボ)あるもんなー、なんてコトになり、「ぢゃ、2個付けてみる?」「(開発会議の一同)そーしよー、そーしよー(大団円)」といった感じなのではなかったのかと(笑)。そうして、「世界初」の「ツインターボ装着市販車(そーなんですよ、ト○タより先なんですから:有名な愛知のト○タ博物館には、2代目ソア○開発時に研究用として購入した初代ビトルボが温存されているらしいです。展示してないけど:泣)」であるところの「マセラティビトルボ」は誕生したものとワタシは思っております。だって、名前が「ビトルボ(イタリア語でツインターボ)」なんですから、なんつーか、そのまんまではないですか。よっぽど、嬉しかったに違いありません。「コレで、どうだ!」といった感じでしょう。ちなみに、このターボチャージャーは初代のときから、「KKK」でも「ギャレット」でも「日立」でもなく、ボーイング社からジェットエンジンのオーバーホール、やってヨシとお墨付きをもらってる「IHI(石川島播磨重工業)」製、メチャクチャ立派な会社。もちろん我が祖国(笑)で製造されたモノです。極初期のモノには非常にトラブルが多かったと先達の大先生方からは聞いておりますが、3期目に突入し、(まともな)インタークーラーが付いた222時期以降のものは、オイル管理さえキチンとすれば、まったくシッカリとしたもので、まさに日本製の面目を保っておりますです、ハイ。

で、フィアット期に突入する頃には、ドイツ勢(あの保守的なメルセデスでさえ)も日本勢も「DOHC(ツインカム)はあたりまえ」の時代が到来していましたので、「ぢゃ、ヤルか、しょうがねー(笑)」と開発したのが、シャマル用のツインカム気筒当たり4バルブ(これは、クアトロポルテ用とはクランクシャフトが違うけど、文章で違いを説明してもどうせわからないと思うんで省略。まっ、クアトロ用の方がマイルドな味といった感じ)と222 4v用のツインカムV6をベースに、より近代的な「燃料調整システム」と「点火システム」を取り付けたのが、当項の主役、クアトロポルテ用のV8・V6エンジンというわけです。この流れのエンジンを最後まで搭載していたマセラティ車が、エボV6&V8と3200GTで、ここまでが「ビトルボ仲間」と云えましょう。

まあ、それぞれに部品互換性は、実際のところはあんまり無いんですが、ガンディーニクアトロポルテのエンジンは「450Sのエンジンをデチューンした、ボーラとかのスーパーカーエンジンを」、「メラク用に2気筒をちょん切ったヤツに」「シングルカム3バルブヘッドを載せ、カムタイミングをチェーン駆動から、コックドベルト(これがいわゆるタイミングベルト)駆動に換え、近代化し」た上で「ツインターボをつけ」たヤツに、モアパワーのためと「インタークーラー(ターボに過給する前に吸入気を一旦冷却することにより、より多くの量、空気が圧縮できるんでパワーが上がるんです)」も追加しちゃったものに、電子制御フューエルインジェクション(燃料噴射)&イグニッション(点火装置)を装備して、もう一度「4カム(V型エンジンのカムシャフトは4本)化、しかも気筒あたり4バルブ(吸気2・排気2)で作ってみました」、というものです。以上。

はあはあ、ちょっと疲れた。上の段、試験に出ますから、ヨーク再読して理解を深めてください(笑)。

ヒトに歴史ありと云いますが、ひとつのエンジンにも色々と歴史があるもんですね。旧い歴史のあるメーカーがアナログ的思考(メカ優先)にこだわって造り続けるととこういったスゴいものが生まれるんですね。

ちなみに、フェラーリF430用エンジンの兄弟とも云えるエンジンを搭載した、4200クーペ並びにスパイダー、現行のピニンファリナクアトロポルテ、グランツーリスモ達はエンジンのエンジニアリング的には、マセラティのナガーイ歴史とは「キッパリ」と断絶してしまいました。これは、少し悲しいコトだと思います、オートバイで云えば、ハーレーやドウカティのエンジンがホ○ダのインライン4(直列4気筒)になっちゃった様なもんですから。まあ、フェラーリだから、しょーがないか(とほほ)。

但し、逆もまた、あって。

皆さんが大好きな、ビトルボマセラティのエンジンルームの景観。一部には、コレを眺めながら、ガレージで夜中にウヒウヒと酒飲んでる(運転するなよー!)ユーザーさんもいるらしいのですが、この「超絶にカッチョイイ、エンジンルームの見せ方に関するノウハウ」は、マセラティを傘下に納めたフェラーリ社をいたく感銘させたらしく、「360モデナあたり」からは、ハッキリとそういう「見せる」演出をしていますね。そこに「ビトルボマセラティ精神」を見出すのもオツというものです。

いいなあ、やっぱイタ車って。コワれるけど(笑)。
今日の授業は「これにて、一件落着[いーけーーん、らくちゃく」(By中村梅之助の声で:ムカシの金さんですよ。知らねーか)」

« いつも、当ブログをごひいき頂いて有難う!の各位に告ぐ | トップページ | ガンディーニのクアトロポルテ(その18:エンジンの⑧) »

コメント

なるへそ〜。
当時の車の開発ってのはしかし面白いですな。
諸事情による場当たり的勢いで、生まれたものとか
結構多くテキトー感がいいです。(当人達は真剣だったでしょうが)
「エンジンぶった切っちゃった」シリーズは半分位はホントの話
なのがこれまた笑えます。

ビトルボマセラティ、よーく見ると「BMW3」を意識してるのが分かりますし、
雰囲気も結構似てたりしますね。(内装は全く違うが)
カブリオレなんかは特に、スパイダーザガートと近い香りがします。
ただV6を低く搭載できた事が、微妙なフロントの薄さ加減
なんかに影響してマセラティらしさを醸し出せてるのかと思えます。
イタリアの車はフロントの薄さ(薄く見せる)に拘ってる例が、
スポーツカーでなくとも多い気がしますね〜。
ガンディーニクアトロは好例ですし、近年のALFAなんかもフロントエンドは結構低い。

エンジンルームの見せ方ですが、言われて気づきました。
確かにフェラーリはマセラティを傘下に納めた頃を境に、
それまでとは違う明らかに見せる演出をし始めましたね〜。
透過にして見せる手法は勿論ですが、デザイン的に魅せることを狙ってます。
赤いカムカバーは昔からありますが、360モデナ以降は明らかに違いますね。
355なんかは結構、フードの中を覗いても素っ気無い。

私はマセラティの運転席で走りながらワインを飲みたい(笑)
が、こればっかりはマセラティでなくともムリです…。
「ルネッサーンス!」
ところでこのネタ、ルネッサンスだったらまずイタリアだろうに
フランス貴族をイメージしてますな。ルイ○○世とかなんとか…
まぁフランスにも波及していきますが。ドーデモいいか(笑)

ブログ復活&ランキング上位入賞、おめでとうございます!

初めてお邪魔します。
いまさらこんな書き込みで申し訳ありません。
でもだって、会社変わったら、
時間中に御社HP眺めて「嗚呼、この変な色のギブリカップ、
せめて車内の香りだけでもかがせてほしい・・・」なんて
ため息ついてられる雰囲気じゃなくなっちゃったんだもん。
だから、拝読するのが遅くなりました、申し訳ありません。
その分、ランキングのボタン、
まとめてクリックしておきます(だめか)。

昼間のお仕事(?)との両立は、
本当に大変なことと思いますが、
大乗クアトロポルテ教の布教が成就しますことを祈っております。
結果、私が住んでる松戸(松戸のSさんは松戸なんでしょうか?)
近辺にまで、デポのシールをつけたクアトロポルテが増殖したら、
それはそれで、ちょっと悔しい気もしますが・・・

カーマガジンの広告が打ち切りになって以来、
社長の名文がまた読めるのは本当に嬉しいです。
あれも復活してほしいけど・・・
(別にネコパブさんとは、なんの関係もないですけど)

ところで、カリフにはちっちゃな室内灯があったのに、
スパイダーってそれもなくて、
足元に、これまた小さなあかりがあるだけじゃないですか。
夜、ロックグラスもって乗り込んでもね、
真っ暗で金時計もよく見えないんですよ〜(泣)

長々と勝手なことを書き失礼しました。
お3方ともご自愛の上(無理かもしれないけど)、
引き続き頑張ってくださいませ! お願いします。

伝統を重んじる心といい加減さ、イタリア人は「子供」なんだろうと思います。だからかっこいいものが作れるのでしょう。日本人は同じく伝統を重んじますが、紙と木の文化であり、イタリア人よりはるかに成熟した大人です。だからフェラーリィやマセラッティのような車を創り出すのは、デポにきれいなお姉さんがいないのと同じく未来永劫ありえないでしょう。
それにしても、いつもながら面白い。興味のない人にはなんのこっちゃの話が永久に続くことを願ってなりません。妻もすっかり愛読者で、自分が乗るクワトロポルテは②かな、などと言っています。
水漏れ防止剤は入れてません。
写真はやはり絶対に欲しい。それくらいの苦労なんかなんね!男ならさらに30分の残業を自らに課し、きれいな写真を載せるべきです!頑張ってね。

エンジンの歴史は結構僕に取っては大切です。アルファで言えば、ツインスパーク、セイのビッグバルブ等です。マセはビトルボ系の六発のツインターボと、八発。歴史が有ると言うことは、熟成が進むと言うことだと思います。又独自性が育まれ、差別化が進みます。今のマセは何なんでしょうか?? 以前のライバルのエンジンを積むなんてあり得ない。。フェラーリの音、エンジンを楽しみたいなら、フェラーリ買えばいいじゃないの。効率化が進みすぎ、変な方向に行かない事を切に願います。。。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガンディーニのクアトロポルテ(その17:エンジンの⑦):

« いつも、当ブログをごひいき頂いて有難う!の各位に告ぐ | トップページ | ガンディーニのクアトロポルテ(その18:エンジンの⑧) »