マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 大車輪の日々は続く(笑) | トップページ | ガンディーニのクアトロポルテスペシャル(エンジン降ろし&整備を追って:その2) »

2008年10月23日 (木)

ガンディーニのクアトロポルテ・スペシャル (エンジン降ろし&整備を追って:その1)

こんばんは!お久しぶりです(笑)。昨日はもう、溶剤で手がメロメロだったので、ブログはゴメンなさいしてしまいました。意思のヨワいボク(笑)。
にもかかわらず、たくさんのコメントを賜り、本当に有難い思いでイッパイです。

で、本日は午後より、雨模様になるとの予報がでていたので、モンテカルロとシャマル2号は急遽、場所移動&仕舞い込みをしてしまったため、内装写真を撮り損なってしまいました。ですから、今日のブログには、先日予告したモンテのダッシュ組みあがり内装写真&シャマル2号のダッシュ乗っかり写真が出せません。天候回復後に撮影の上、アップしますので、ごめんなさい。

そこで、そんな皆さんのお気持ちに応えるべく、クアトロポルテエボルツオーネV8のエンジン降ろし整備について順を追ってレポートします。作業は本日のお昼前から始めました。では、どうぞ。


エボ8エンジン降ろし1.jpgきょうは、午後から雨の予報だったので、午前中になんとかモンテくんとシャマル2号を春日町に移送し、モンディアルをピットからヨコに移動。エボ8先生をリフトに載せました。お待たせいたしました。


エボ8エンジン降ろし2.jpgさっそく、作業のゴング(カーン!)、速攻リフトアップ。まず、すべてのホイールを降ろし(重いんダナ、コレが:泣)た後、エキゾーストの中間パイプからはずして行きます。錆びてないといいのですが・・・。


エボ8エンジン降ろし3.jpg・・・やっぱ、サビてるわ(笑)。おっと、出ましたサンダー攻撃だあー!豪快に火花を散らしております!


エボ8エンジン降ろし4.jpgターボの後ろのマニホールド部は錆びてるのが御約束。3本のうち、2本が豪快にネジ切れました。これで、バーナー炙りの刑(ネジを赤めて取リ除く伝統技法:笑)が決定(泣)。早くも暗雲が垂れ込めています(笑)。


エボ8エンジン降ろし5.jpgはずしたエキゾーストセットがこちら。ずいぶんと大きなものであることがお分かりになると思います。


エボ8フロント足周り.jpgで、ここから暫くの間はなぜか足回りの分解に移行。こちらはフロントのブレーキキャリパー&ローターをはずし、メカニカアッティバアームを丸ごとはずし終わったところ。


エボ8リア足周り.jpg続いて、こちらはリアのキャリパー&ローターをはずしたところ。もちろん、フロントもリアもブレーキフルードは抜けていきます。


エボ8エンジン降ろし6.jpg一旦リフトを下げ、今度は、いよいよエンジンルーム内部を分解攻撃です。エアクリーナーなどの吸入系統や冷却系等の配管を、これまた豪快かつ繊細にはずしていきます。


エボ8エンジン降ろし7.jpg・・・そうすると、当然のように、LLCはミドリの血しぶき(笑)をあげ、豪快に噴出!下部へ滴り落ちます。


エボ8エンジン降ろし8.jpg固定金具をすべてはずし、ラジエターを気合でおろします。「トーっ!」腰にクルぜ。


エボ8エンジン降ろし9.jpgこちらが、はずしたラジエター本体。V6までのビトルボ用とは違い、天地方向の寸法が詰まり、その分、2重層構造にしてあるのが分かります。ひらたく云えば、ヨコにながーいのを、パックリとふたつに折りたたんであるようなモンです、ハイ。・・・これも、ぶっ壊れたらタカそーだなあ(笑泣)。


エボ8エンジン降ろし10.jpgラジエターをはずすと、その下部にある、エンジン&オートマオイルクーラーが、よく見えてきます。これも、取り付け具をはずして・・・。


エボ8エンジン降ろし11.jpg・・・「トーっ!」って、これは結構カルいの(笑)。


エボ8エンジン降ろし12.jpgこれが、はずしたオイルクーラーユニット。V6用のとはまったく互換性がありません。よせばいいのに、エンジンオイルクーラーとオートマオイルクーラーをわざわざ溶接して一体ものにしてある。どっちかが壊れたら、どっちも買わされるっていう、地獄設計です(笑)。


エボ8エンジン降ろし13.jpgで、ようやく、見えるエアコンコンデンサ。でも、これが、イマ風なんだよなあ。きっと。取り付け方がスッキリとしてるもんなあ。V6までのは、あとからあとから追加していったのが、まる分かりだったから(笑)。んが、このコンデンサ逝った場合、フロントバンパーはずしです、たぶん。こちら(写真の位置はエンジンルーム側デス)からじゃ配管できないもん、ぜったい。


エボ8エンジン降ろし14.jpgラジエターサブタンクもはずします。「トーっ!(もう、いいって:笑)」


エボ8エンジン降ろし15.jpgで、その下を見ますれば・・・、おー、イグナイターがこんなところに!タンクから冷却水(熱湯ですな)が漏れたら、きっと面白いコトになってしまいそう。これが、フェラーリの云う「改良」です(笑)。いいのか?これで。


エボ8エンジン降ろし16.jpgさあ、きょうの大ラスは、インジェクションユニット降ろし!前にイジってたヤツがボルトの六角穴をズボらしてナメてやがった!ちゃんと、いい工具使えよなあ(泣)。この工程は企業秘密とさせて頂きます(笑)。で、おろした直後の状態がコレ。

・・・あしたも、頑張るぞ!「オー!!」

つづく。

人気Blogランキング
右のスイッチを押してください。
宜しくお願い申し上げます。

« 大車輪の日々は続く(笑) | トップページ | ガンディーニのクアトロポルテスペシャル(エンジン降ろし&整備を追って:その2) »

コメント

す、す、スゲー! これを何時間でこなしたんですか??化物!怪物くんですな!なんかブログからあの、元気一杯の気合い入れまくり作業が目の裏に浮かびますよ! ポルテは最高! 僕大好き。ポルテもこんな御店で治療を受けてさぞかし気持ち良いだろうなぁ。。さて、ここで、名古屋弁チョコッと講座。凄い!の三段活用。

凄い!は、どえりゃ〜。 本当に凄い!は、もえりゃ〜!。で、最上級の部類には、どえりゃげにゃ〜!と、成ります。どえりゃ〜!もえりゃ〜!どえらげにゃ!に、成ります。悪しからず!

本日はオートメカニック誌を髣髴とさせます。
フェラーリの改良は凄いぞ(笑)
よくよく考えたらフェラーリがマセラティを改良するなんて、
火に油を注ぐようなもんで、新たな問題点も増えてたりしそう。

でもF1で勝つんだよな〜。○ヨタはなかなか勝てないのに…
ま、ここが面白くかつ小気味いいところでもあります。

やはり恐るべしフェラーリ。

WRCのピットクルーのようだ
「マセラティや旧いフェラーリとの激闘日々」・・・
激闘してるのが伝わってきます。

これだけの作業を写真を撮りながらやるのは
大変だったでしょう。
頭が下がります。

毎日のようにやってるとはいえ、凄い、凄すぎる。これをほぼ全車あの布陣でやってしまうなんて、やっぱ馬鹿だ・・・

この記事へのコメントは終了しました。

« 大車輪の日々は続く(笑) | トップページ | ガンディーニのクアトロポルテスペシャル(エンジン降ろし&整備を追って:その2) »