マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ガンディーニのクアトロポルテ・スペシャル (エンジン降ろし&整備を追って:その1) | トップページ | 今週(10/18〜10/24)のコメンテーター諸兄におくる感謝と伝言 »

2008年10月25日 (土)

ガンディーニのクアトロポルテスペシャル(エンジン降ろし&整備を追って:その2)

はあはあ、こんにちは。
エボ8くんのエンジン降ろし、昨日は一日中豪雨だったため、延期しまして本日続きを決行いたしました。

それでは、続きをどうぞ。



エボ8エンジン降ろしB1.jpgこの華麗な結晶塗装カムカバーをキズ付けぬよう・・・、


エボ8エンジン降ろしB2.jpg予め、とっちゃいます。タイミングベルトカバーも同様にはずします。
各部のハーネスや配管もずらしたりはずしたりを続けます。


エボ8エンジン降ろしB3.jpgオルタネーター周りの配線類も思わぬ取り回しになっていたりするので注意深く検討します。


エボ8エンジン降ろしB4.jpgで、ワイヤーをエンジン本体にキズをつけぬよう、養生しながら掛けていきます。


エボ8エンジン降ろしB5.jpgついに、クレーンを取り付け、エンジンを持ち上げていきます。


エボ8エンジン降ろしB6.jpg「トリャー!」の瞬間のカタルシス(笑)。


エボ8エンジン降ろしB7.jpgそうして、降ろしたエンジンのこれは珍しい裏側の写真です。全体的にキレイなマシンで、ヨカッタよかった。


エボ8エンジン降ろしB8.jpgカムケース内部もスラッジも無く、本当に良い状態ですね。


次回につづく。

人気Blogランキング
右のスイッチを押してください。
宜しくお願い申し上げます。

« ガンディーニのクアトロポルテ・スペシャル (エンジン降ろし&整備を追って:その1) | トップページ | 今週(10/18〜10/24)のコメンテーター諸兄におくる感謝と伝言 »

コメント

いつも赤を例えるとき使わせてもらいます。
『マセラティのカムカバーのような鮮やかな赤』
暗いエンジンルームの中これが汚れた個体を見ると化粧箱の中の使い古された口紅のようでなんか嫌(TωT)
最新の日本製V8・5Lの柔らかな銀色のエンジンカバー外して見てみたが………すぐに蓋をした。
誰にも見せられない、勿論エンジンみながらガレージで酒飲んでなんて無理。
したことないけど………

マセラティの余裕っていい

貴重な写真を続々と有難うございます。
いいんですか?こんなに公開しちゃって

唐突ですが、単行本の企画が続々と(?)浮かんできます。
『ビトルボマセラティ メンテナンスQ&A−
 これはこまったぞ!どうしよう』
『エキスパートに学ぶ。エボ8エンジンおろし基本手技』
どうですかー ネコパブさん!
制作部数100部でも1冊20万で売ればいいじゃん!
絶対、その価値ありますよ。

専務の顔の隠し方も絶妙だし。
赤いクレーンのアームがカムカバーばりに素敵

はじめましていつも楽しく拝見しています。
納車待ちの立場ですのでこんなに詳しくエンジンの中が見れることは
予想外で大きなトラブルがないように祈りつつ、完成までこぎつけていただけると期待しています。
丁寧な仕事は写真でもよくわかります、あわてず楽しみに待っていますのでよろしくお願いします。

しかしあの狭いスペースでエンジン降ろしまでやってしまうのね。
よく専門店なんて看板掲げてて、ちょっとした整備でも
すぐ知り合いのディーラーなんかに、車入れちゃう店あるんですが…

こういうのまじまじ見ると感心しますな。
「トリャー!」のところは見てるだけでも力が入ります。(笑)

確かにブログ再開から本一冊書けるほど膨大な濃い情報を発信されてます。このブログそのまま本にしても面白い。「月刊マイクロ・デポ」、定期購読いかがですか?繰り返し言いますが、このブログは最高に面白い!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« ガンディーニのクアトロポルテ・スペシャル (エンジン降ろし&整備を追って:その1) | トップページ | 今週(10/18〜10/24)のコメンテーター諸兄におくる感謝と伝言 »