マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 3月23日(水)の当店営業状況 | トップページ | 3月24日(木)の当店営業状況 »

2011年3月23日 (水)

「サンダーバード」、この妙なる響き(その3)

 あのー、ここはあくまでも「マセラティでイッてみよう!」ですから。「懐かしの特撮人形劇大全」ぢゃありませんよ(まあ、それはそれでいいか?:笑)。だいぶんついて来れない「大きなお友達」が増えて来ちゃっているので、このネタ今日で終わりにしますんで、もう少々御辛抱の程。

 今日は、トレーシー御兄弟の「末弟(五男)」、アラン・トレーシーさんのご紹介から。このヒト、普段はカーレーサーという設定で、そういう意味では「科学忍者隊ガッチャマン」に出てくるコンドルのジョーさんと似た境遇ですね。乗機は「サンダーバード3号」、宇宙ロケットです。まあ、この物語は未来のお話ですが、まーだ、火星に人類が移住するとか、14万8千光年のかなたから侵略しにくる「青い肌の宇宙人」がいるとかの事態は起こらないらしく、宇宙災害ネタが少ないので、4号同様にあまり出番はありません。しかしながら、このロケットには、宇宙に浮かぶサンダーバード5号との連絡船の役割が持たされておりますので、5号とのドッキング機能があります。放映当時のイマイ製プラモもこのドッキングを再現できるように配慮され、50円売りの小さなモノしか発売されなかったというあたり、ちょっと可愛そうでした。

 さあ、今までご紹介した、サンダーバードを名乗る数々のスーパーメカの他、2号に積まれて災害現場に移送される「コンテナ内のゾロメカ」のすべてを設計したとされる人物が「ブレインズ」さんです。彼にはひたすら「天才」の二文字が冠せられ、なんでも問題を解決できる「知恵者」として、物語を進める上で、たいへんに都合の良いキャラクター設定が与えられています。幼少の頃「竜巻」の被害にあい、天涯孤独になっていたところを、「パパ」ことジェフ・トレーシーさんに引き取られ、英才教育を受けたという設定になっています。劇中では本名として「ハイラム・K・ハッケンバッカー博士」と名乗ることもあります。その助手「ミンミン(原語版ではティンティン)」は、日本人をイメージさせる黒髪のキャラクター。第一話でも(たぶん東大を卒業して)東京発のファイヤーフラッシュ号(着陸脚に爆弾を仕掛けられ、ヒドい目にあう最新鋭航空機)に乗り、ロンドンにやってくるというハナシでいきなり登場します。地味ながら、いい味出してるヒトです。

 対照的にハデなのが、ロンドン支部のエージェント、レディペネロープさん。本名は「ペネロープ・クレイトンワード」というらしいのですが、レディの称号を持つだけあって貴族の末裔で超大金持。人気のキャラですが、子供の頃は「コイツのせいで、ハナシが一層ややこしくなってる」と思うことが多くありました。トラブルメーカーっぽい演出も多く、それだけに印象深いのでしょうね。愛車「ペネロープ号(これはイマイがプラモ発売にあたって勝手に名付けたもので、原語版ではFAB-1といいます)」の存在も忘れがたいです。ピンク色のロールスロイスの6輪車は「1960年代のヒトが考えた未来のロールス像」がイタいほど滲み出ており、最高のデザインワークスです。ちなみに、かのジョンレノンはロールスロイス社に「どピンクの」ファンタムⅥをオーダーしたところ、「御断り」されたという逸話がありますから、ペネロープさんの「格」が如何に高いか(レノンも「サー」の称号を女王から貰ってる)が偲ばれます。ともあれ、「コソ泥出身」の執事兼運転手、パーカーとは名コンビでした。 ドロンジョ様よろしく、「ヤッておしまい!」の一言で、フロントグリルからは大口径マシンガンが顔を覗かせ、国際救助隊の秘密を暴こうという不埒な輩には容赦なく攻撃を仕掛けます。このあたりも、ちょっとヘンだよなあ。博愛主義はドコ行った?

 あとは、トレーシー家の執事兼コックで、ミンミンの親父である「キラノ」、ジェフの実母で料理のうまい、「おばあちゃん(原語でもグランマ)」、国際救助隊の秘密を暴き、某国にその機密を売りつけて大金を得ようと暗躍する、シリーズを通しての敵役「フッド(あの、ツルッパゲのヤツです)」など、個性的な脇役陣もそれぞれキャラが立ってます。

 ビル・ゲ○ツとかよー、ソ○さんとかよー、この際ホ○エモンでもいいけど「IT長者」のヒトたちは、時代に生かされて「巨万の富」を得たんだから、これくらい気宇壮大な理念と理想をもった国際的組織を作れんもんかなあ。カネはあるんだし、頭はいいんだからさー。実際、地下鉄のトンネル堀りマシンを作ったゼネコンの技術者のヒトは、ジェットモグラ見てああいうの作りたいと思ったところから自動掘削機造ったらしいです。

 戦うための組織では無く、「救うためにのみ存在する組織」、あっても全然おかしくないと思います。被災地で日々闘ってるヒトたちには、ひたすらエールを送ります、いやホント。

 最後に、1960年代の英国人たちが、未来の地球を想って想像力全開でヒネりだした、災害用救助マシーンの数々を御覧になって頂こうと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=p1TQL_o2l7o&feature=related

・・・おまけ。ムカシ秘密基地プラモを買えなかったすべてのヒトに捧げます。

http://www.youtube.com/watch?v=c1XODXkfsd4みんなで作ろう!

http://www.youtube.com/watch?v=2UzWkEHOdZA&feature=related時間無いヒトはコレ。

http://www.youtube.com/watch?v=f4IwkmUn4V0&feature=relatedこれが、ホンモノ。

もひとつ、おまけ。イマイのサンダーバードプラモには夢があった。

http://www.youtube.com/watch?v=pXatlyyWImM&feature=relatedワタシのモノ造りの原典がコレ。

あー、スッキリした!ご清聴有難うございました。

 

« 3月23日(水)の当店営業状況 | トップページ | 3月24日(木)の当店営業状況 »

コメント

本日は急な予定変更に対応頂き、打合せありがとうございました。
ギブリも見学させて頂き、あの色あのフォルムあの内部空間、エンジン、ホイールからドアを閉める音、ああもうその全てに、月並みな言い方ですがすごうく元気を分けて頂きました。ありがとうございます。ああ乗りたい。

私も秘密基地プラモ、買えませんでした。つくればよかったのですね…。素材と既製品を集めて。納得のいくようにつくるのは相当大変そうですが。

 ペネロープのFAB-1、映画版ではロールスに打診したところ「ダメ」ということでフォードになったらしいです。正直それならTVRとかでやってほしかった(ピンクのタスカンとか、クーペだけど)。
 レノンのオーダーもクワトロポルテのコーンズセリエスペシャル(でしたっけ?)みたいな上品なメタリックピンクなら通ったかもしれませんね?。

いやぁ面白い。
単純に笑わせてもらいました。
明日も元気よく発進。

↑↑↑この英国BBC版の「できるかな」はサバけてていいですね。3号発射口のラウンジルームなんて、カップコーヒーの蓋だったりしてとっても微笑ましい。今は、工夫すれば、色々な廃材がとっても素敵な工作素材たりうるんですね。

↑↑そうそう、アリャーだめですよね、映画版のヤツ。ロールスロイス社も洒落がわからんちんですね。あの、サーモンピンク(人形版のほう)はとっても品が良い色目だと思いますけどね。クアトロポルテのピンクメタは「ロッソマデラ」という色で、これまた結構な色。ウチの店に置いたら絶対売れないような気もしますが(笑)。

↑お楽しみ頂けましたでしょうか、お付き合いくださり有難うございます。明日も元気に発進だあ!

いや~泣けるっサンダーバード!あのコンテナ見るだけでたまりません。少年の夢が詰まってますねあのコンテナ達には。2号の絶対に飛び出せそうにない発射台上のスピードがまたいい。(笑)
しかしこれだけの発想が40年以上前にあったのは素晴らしい。これらがホントにあれば福島もどうにかなりそうなもんです。
随分昔になりますが日本の学者が全世界のGDPの2%程あれば、地球から移住できる宇宙コロニー的なものが楽勝できると言ってました。真偽は定かではありませんが…。世界のIT長者が結束すればそれに類するものとか、それこそ地球防衛軍的なものが実際にできるんでしょうね~。ただし経済的にはですが。
ロッソマデラ、私が一番好きなクアトロの塗色です。流石イタリア、もしトヨタのク〇ウンにあの色塗ったら「痛車」になってしまいます。

↑40年以上前であるところがスゴイんですよね。まっ、設定では、「原子力エンジン」とか搭載されてて時節柄「アレ(笑)」なんですが。技術の進歩は必要に迫られると一気に進むモンです。今日本に必要なのは、「コスモクリーナーD」なんでしょうけど。グーグルで、「放射能除去装置」って入れると、トップに「宇宙戦艦ヤ○ト」が出て、笑いました。やっぱ、今のところはSFの世界の装置なんですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「サンダーバード」、この妙なる響き(その3):

« 3月23日(水)の当店営業状況 | トップページ | 3月24日(木)の当店営業状況 »