マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティの若い職人はしょうがない(笑) | トップページ | 登米と石巻で石ノ森章太郎を堪能した夏(その1) »

2011年5月21日 (土)

土曜日の夜はやっぱりいいな、昔も今も。

 先ほど帰宅しまして、シャワーを浴びて、パジャマを着て・・・ホッとひと息です。今週は最終仕上げ中のクアトロポルテV8のオーディオ&ナビ配線作業と内装組み立て、カリフのヒーターケースリビルド、222SEの天井降ろしとウインドーレギュレータ脱着分解調整などなど、一日中お相撲でいう「ソンキョの姿勢」での作業が連日続き、もう体中「乳酸」が溜まってる感じ(泣笑)。毎日の朝起きると「運動会の次の日」みたいに全身のシビレと筋肉痛&神経痛。有機溶剤で手先はバサバサ。老眼も進んで近頃ホントに目も見えないし・・・今年48歳、頑張っております(笑)。

 土曜日の夜はイイですね、やっぱり。ヨメさんが貰ってきた、「グラン・パ・クラシックス」とかいう高尚で軽やかなバレエ曲を聴きながら今コレを書いていますが、「ああ、明日はヤスめるんだ」と思うと、気持ちも晴れやかになるというモノです。

 小学校四年生の頃(昭和48年)、土曜日の午後には「ピアノ教室」に通うというミッションがありまして、せっかく、大キライな学校は「半ドン」なのに、なんでまた、よりによって土曜の午後にまで、こんなのに通わなきゃいけないのよと、あの時「ピアノやりたい」なんて云うんじゃなかった(顛末http://microdepot.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-cb04.htmlは今週月曜日の当ブログ参照)と悔いるばかり。

 その「ケロヨンパブリカ」の居たアットホームなピアノ教室は一年程で引っ越してしまい、仕方が無いので幼稚園のクラスメートである「優美子ちゃん」が通う、大手楽器メーカー系の教室を紹介してもらい、ソチラにすでに鞍替えしてしまっていたのですが、なんか、血が通ってない感じで、つまんないお稽古になってしまっていました。

 なんといっても、ご無体なのは、ムカシの歯医者さんみたいに「時間予約制ではない」というところが大いなる欠点。PM12:30から、「来た者順」にレッスンを受けるシステム。「掃除当番」なんかその週に入ってたら、もう最悪のシナリオ。家に帰って、「ケンちゃんシリーズ」の再放送(ヤマサ味噌提供:6チャン)を横目で見ながら、「明星ちびろく」を「ちびさん」分掻き込んで、必死に自転車漕いで、はあはあ到着すると、すでに「11人待ち(大泣)」とかになってるもんで、土曜の午後は台無しとなるわけです。夕方の4時半くらいになると、バットとグローブを持った悪友どもが、「おかもとーお、まあーだあー?」とか階下で叫んでいたりして、もうレッスンどころではありませんね。

 今思うと、周りがオンナの子ばかりであったのも(今だったら嬉しいケド:笑)、ハナシが合わなくて待ち時間の退屈さに拍車をかけてました。・・・でもなんだか、今日はその頃の土曜日の事が妙に懐かしく感じられます。退屈な教室から解放され家に帰ると、「奥さまは魔女」の再放送(昭和物産提供:6チャン)を見ながら、「今日の全員集合はどんなかな」とか思いつつ、明日は学校に行かなくていいし、ホンワカしあわせな気持ちになったものでした(反面、日曜夜のサ○エさんのエンディングは観るだけで具合が悪くなったりして:笑)。

« マセラティの若い職人はしょうがない(笑) | トップページ | 登米と石巻で石ノ森章太郎を堪能した夏(その1) »

コメント

お疲れ様です。
頭と身体の両方をフル回転させる職業には、もう本当に頭が下がります。現場に行って、職人さんといろいろ話をしてつくっていく商売を私はしているわけですが、いつも現場の職人さんには「かなわないなあ…」と感じつつ。

さあこちらも帰ってパジャマに着替えてビデオ見るぞう。でもまた明日打合せなんですよね(トホホ)。
いやいや仕事があるのはありがたいことではあります。

小四のエピソード、笑わせていただきました。
今でこそ笑えますが、当時は必死だったことが手に取るように判ります。

私の子供の頃(昭和50年前半)、土曜の夜と言えば
クイズダービー→全員集合→Gメン→ウイークエンダー
の流れでTV三昧でした。
いや~、懐かしい。
一週間のしめくくりに最高でした。

連日ご苦労様です。納車前整備にこれだけ力が入ってるお店は無いでしょうね、納車楽しみです。くれぐれもお体にはお気を付けください。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日の夜はやっぱりいいな、昔も今も。:

« マセラティの若い職人はしょうがない(笑) | トップページ | 登米と石巻で石ノ森章太郎を堪能した夏(その1) »