マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ケロヨンはカーマニア | トップページ | 休日の穴場は石神井公園(その2) »

2011年6月27日 (月)

休日の穴場は石神井公園(その1)

 一昨日の当ブログは「ケロヨンねた」でしたが、皆さんご存知ないようで、モーレツにサビしい(というのか、オレだけひょっとしてトシ?:笑)気持ちではありましたが、例の「ケロヨン号レーシングカー」の正体が判明しましたので、まずはこちらをご覧ください。

なんと、1968年の日本グランプリに本当に出ちゃっていたそうです。http://blog.goo.ne.jp/koyapop/e/9f5a3841c0dd58e260fc42baf14ae246

http://minkara.carview.co.jp/userid/335937/blog/16277351/こちらは、カラー写真。搭乗レーサーの伊能祥光さんの直筆サインが入っておりますね。

 「デルRSB ケロヨン号」と云うのが正式な名称です。ホンダSベースのマクランサ系統では?というワタシの推論は見事にハズれました。トヨタセンチュリーの前身たる、「クラウンエイト」のV型8気筒OHVエンジンをミッドシップする、豪快なマシンらしいです。このコンストラクター「デル・レーシング」はロータス30を改造したマシンなども手掛けていたらしいので、「ロータス23」に少し似ているというワタシの見解は若干カスってるのでは(そーでもないか)と思いますが。

 なにしろ、ワタシの頭の中はおとといより「ケロヨン」漬け(笑)。原作者の藤城清治先生が87歳にして、今なお現役でいらっしゃり、愛車がショッキングピンクのポルシェでしかもカブリオレ!カッチョいいとしか云いようがありません。ちなみにこの方、トヨタ2000GTを日本で最初に買ったというハナシもあるらしいです。ケロヨン、興味湧いてきませんか?

 さてさて、昨日の日曜日は、我が母親を練馬の墓地に参り、さらには埼玉は朝霞(あさか)に眠る、ケロヨン映画に連れてってくれた「いとこのお姉さん」の墓所に行きました。午前中に墓参り2連発したあとは、練馬区にある「石神井公園」にいってきました。日曜日の過ごし方が地味?・・・ですよねー。しかも、移動は電車と路線バスの乗り継ぎですから(泣)。

 ところが、イイこともあります。何と云っても、出先で酒が飲める!!これはデカイ。

201106271

 というわけで、公園の湖畔にある、イタリアンレストランでランチのパスタでも食おうという寸法です。「ロニオン」という店です。地元では有名なイタリアンです。東映の撮影所が近いので、よく「戦隊モノ」や「ライダー」などの特撮ドラマや「刑事モノ」などでもロケ地として登場しています(グーグルで「ロケ地 ロニオン」と検索すれば、色んなネタが出てきますヨ)。

201106272

「煙草を吸う」というと、玄関の脇にある、屋外テーブルに通されました。ワタシは「外でメシを喰う」のがとにかく好きなので、この席は最高です。天候は曇り空ですが、気温もちょうどよくて快適です。

201106273

さっそく、イタリアンビールを注文。前菜は鶏の低温蒸し、オリーブソースかけ。

201106274

ワタシはこれ。

201106275

ヨメはコレ。

201106276_2

前は、ランチタイムが終わると、ディナー時まで閉まっていたのですが、カフェタイムというのが設けられた様子。いつもの日曜日だとものすごい混雑で、大概1時間以上待ったものですが、景気のせいか、気分のせいか、並ばずにスカット入れましたので拍子抜けしたほどです。価格もリーズナブルですよ。石神井公園探索の際はぜひ!

それじゃ、あしたもこの続きを・・・。

 

« ケロヨンはカーマニア | トップページ | 休日の穴場は石神井公園(その2) »

コメント

ケロヨン号かっこいい。
ザ、疾走って感じ(笑)

そして、日曜は充実したお休みだったようですね。
続きが楽しみです。

昨日はなんとブログを拝見するのを忘れて寝てしまいました。すみません。
そして今日読めば、我が懐かしの故郷、石神井公園が俎上に!
ロニオン、かつて家族で出かけたころは妙におしゃれーな感じが「?」でしたが、でも美味しいお店です。
ちなみに当時は出てくるパンは駅前の「サンメリー」のものだったと記憶しています。

石神井公園の続きが気になるところですが、ケロヨン号のエキマニから排気の取り回しがどうしてああなったのかも気になります。

あー、テールトゥノーズで後方から迫りくるコンペティターにバックファイアを浴びせかけるためのエキゾースト配置ではないかと(ホントは排気管を冷却してなにがしかの性能向上を目指したのだと思いますが。ムカシのレギュレーションは無法地帯:笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休日の穴場は石神井公園(その1):

« ケロヨンはカーマニア | トップページ | 休日の穴場は石神井公園(その2) »