マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 台風襲来。で、クアトロポルテV6漬けの日々:④ | トップページ | ギブリのダッシュボード降ろし一連作業:①(+クアトロポルテV6のエンジン整備続き) »

2011年7月23日 (土)

台風襲来。で、クアトロポルテV6漬けの日々:⑤

 本日の東京もすっきりとした真夏としては「爽やかな」気候でした。期せずして絶好の「組み立て日和」となりましたが、そう簡単には進まないんだ、コレが(笑)。

2011072301_3

 朝一番。まずは、ヘッドのスタッド増し締め工程を慎重に行います。でこのままサクサクと進むわけではありません。エンジン各部の補器類や配管類を予め個別にチェックしつつ徹底的に仕上げていくのです。

2011072302_2

 そんな中のひとつ、ラジエターのアッパー&ロワー配管です。外観はちょっと洗ったダケでキレイになるものですが・・・。

2011072303_2

 増し締めの出来ないオリジナルのホースバンドを切断し、パイプとホースを分離してみると・・・。

20110723042011072305 「きぃーーゃぁあああーーー!!(byケ○ロ軍曹)」

・・・LLCにすこしずつ混入した油脂分が固形化して、配管の内壁にビッチリとこびりついています。コイツは時間掛かるなあ。

2011072306

 ちょっとヘラでコスって「ポンポン」と床に打ちつけるとご覧の通り、顆粒状になって出てきます。旧いクルマの重整備はこういった作業を端折ることが出来ません。このまま洗わずに組みつければ、ラジエターやヒーターのコア内部が間違いなく詰まるわけです。当然、エンジンの冷却や冬場のヒーターの効きに問題が発生しますよね、やっぱり。

2011072307

 4本のゴムホースをご覧のように内部洗浄しました。パイプ2本も同時にやってましたが、7時を過ぎたら暗くなって中身が見えなくなってきましたので、続きを月曜日にやろうと思っています。これだけで、休まずに3時間・・・「アホ」と嗤ってやってください。

20110723082011072309

 他方、場内では、エンジンオイルパンを必死に洗浄&磨き作業です。写真のように外側だけでなく、内側もキレイに洗浄いたしました。オイルパン締結用ボルトを新品にして、エンジンブロックに装着。ここは、前方からクルマの下を覗き込んだ時に主役となる「見せ場」ですから、冷却フィンの1枚1枚を丁寧に磨きあげていきます。

2011072310_2 

 さらに、もう一方ではエキゾースト(前方のキャタライザーユニット部)を取り付け前に耐熱塗装しています。その後搭載まで完了しました。

・・・台風襲来とともに「巣籠り」でやろうとはじめた、クアトロポルテV6の重整備、作業の続きは来週に持ち越しです。

以上、おそまつ様でした!皆さん一週間のお付き合い&コメントの数々、誠に有難うございました!!

    

« 台風襲来。で、クアトロポルテV6漬けの日々:④ | トップページ | ギブリのダッシュボード降ろし一連作業:①(+クアトロポルテV6のエンジン整備続き) »

コメント

こういう丁寧な仕事っぷりは、見ていて気持ちがいいです。
匍匐精神(笑)は、ワタシも見習わせて頂いております。

1週間、お勤めお疲れ様でした。
グイッと一杯いっちゃってください。

いやあパイプ内周満遍なくここまでコレステローラブルな状況に驚きますが、ブログ書いてらっしゃる方の筆致からはこれすらも「想定内」っぽく感じられます。(これってマセラティならではの現象なのでしょうか。)

下回りもこんなに手を入れて頂くとすると、「あれ」も腹擦らないように心して運転せねばとつくづく思います。

一週間、作業のみならず書き込み入り写真を含めた充実のブログ、本当にお疲れ様です。

いやー、衝撃画像ですね!一目でパイプ内の状態がわかるので、大変インパクトがあります。
素人目にはわからない(理解できない?)多くの障害も、万全を期して解決されているのを拝見し、職人を極められていると強く感じています。
今週もお疲れ様でした。来週もよろしくお願いします!

フィンの付いたオイルパンは高性能車の証ですが、これを「見せ場」と捉える感覚がステキです、大体は真っ黒になってますもんね。

問題は、後継者でしょうね。
はっきり言って、これらの仕事を嬉々として(か、鬱々として)やり遂げる人間は、世界広しといえども岡本三兄弟だけでしょう。3倍の時間と、3倍のお値段ならいるかもしれませんが…
良かった、岡本さんが俺より年下で。健康ならば、俺がリタイアする方が早い。ということは、リタイアするまでマセラティに乗れるということだな。
健康に気をつけて!!御自愛を!!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風襲来。で、クアトロポルテV6漬けの日々:⑤:

« 台風襲来。で、クアトロポルテV6漬けの日々:④ | トップページ | ギブリのダッシュボード降ろし一連作業:①(+クアトロポルテV6のエンジン整備続き) »