マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこちゃんの日曜日(所沢&川越行③) | トップページ | ニッポンの工場 »

2011年7月14日 (木)

たこちゃんの日曜日(所沢&川越行④:これでようやく完了)

2011071401  さあ、所沢航空発祥記念館の上の階層に上がってみましょう。で、いきなりコレだ!旧日本陸軍三式戦闘機「飛燕」の倒立12気筒エンジンが「倒立じゃない」状態(ということは本来の搭載方法とはさかさまに・・・って、あー、せからしかねェー:笑)で展示されております。いやー、カッチョいいですね、V12。本編ホームページ「マセラティに乗りませんか・・・http://www.microdepot.co.jp/maserati/quattroporte/gandini08.html」の方にも関連記述がありますので、久しぶりに(笑)ご覧ください。

2011071402  エンジン上部(っていうか本来の下部、あー、ややこし)のカバーがブッ飛んじゃってるので、ロッカーアーム部分が剥き出しで観察できます。

2011071403

 クルマで云うところのクランクシャフトプーリー部分です。

2011071404

 左の写真では、ベベルギアが見えますが、ディストリビューターのかなあ。それとも、何かエンジンの回転タイミングを取りたいもの、例えば「機銃」とか。

2011071405_3

 旧日本陸軍一式戦闘機「隼」の主輪。アルミかジュラルミンと思しきホイールが鋳造で造られています。

2011071406_2

 近寄って見ると、へぇー、ヨコハマタイヤなんだ。歴史長いよなあ。

2011071407

 ところ変わって、西武新宿線の本川越駅にやってまいりました。もう、すっかりお昼でモノすごい猛暑にむせかえります。いやホントに暑い。

2011071408

 あー、コレ「テレビ埼玉」でコマーシャルやってるバスだ!川越観光の周遊バスはムカシ風にレトロ調ボンネットバスですが、おそらくはパチもんでしょう。なんか、「光○自動車」が造ったような空気感が漂ってるモノなあ。排気煙が目に沁みるから、エンジンちょっとへんかも。

2011071409

 川越の繁華街をてくてく歩くこと10分。物産センター的な一角にやってまいりました。この街には山車が大量に点在して格納されており、このシャッターもその中のひとつ。前に「祭り」当日にそれと知らずに降り立ってしまったことがあり、もう、どっからこの人数が集まったのよーというくらいに立錐の余地なくヒトと山車の群であったことを思い出します。駅から街中全部に(大げさでなく)テキ屋の屋台が並ぶさまは、ちょっと観たことの無い光景でした。

2011071410

 久しぶりに来てみたら、すっかり立派な和風レストランになってやんの。写真が「ハイキー」になってるのは、極炎天下(笑)の証拠。暑いしハラ減ったし、ここでメシにするか・・・いやいや、もう少しのガマンです。お目当てがありますんで。スーパーで、発泡酒を購入して、いざ。

2011071411

 はあ、やってきたのは何の変哲もない「お肉屋さん」に見えますが、川越で、知るヒトぞ知る「超超絶メンチカツ」をその場で揚げて(店主の鉄壁ポリシーのため、惣菜物には造り置きは一切無い。頑固です。)喰わせてくれる、有難いお店「十一屋肉店http://www.koedo.com/11ya/」。メンチカツ3枚と男爵コロッケ1枚をオーダー。現在揚げております。はやく出来ないかなあ・・・。

2011071412      

 近所の名刹に歩いていき、参道に腰かけ、発泡酒を「パシュッ!」。「サクッ」、一撃目を喰らう。一気にノドを潜り抜ける「ドラフトワン」!・・・うまい!ウマイにきまったああっ!

 この至福、なんと表現したらよいか・・・。このメンチカツ本当にウマイです。たったの110円、ソースは一切不要。電車賃700円掛かっても時々喰いに行きたくなる味です(実は今回もコレが目当てでわざわざ川越まで足を伸ばしたというわけ)。最近メッキリ味が落ちたように思う「吉祥寺の有名某店(ここもムカシは確かにウマかった)」に2時間行列するよりも、川越に行って、揚げたてを食べたほうが絶対いいです。「十一屋肉店 メンチカツ」で検索してみてください。たくさんの評判が出てきますよ。

 ・・・このあと、電車とバスで練馬区土支田のアパートに帰ってきましたが、土支田のバス停を降りると「息も出来ないくらいの」暑さ。スゴイなコレ、と思っておりましたら、翌日に聞いたら、日曜日は41℃(!)だったそうで、練馬オカシイよ、ちょっと。

 あー、やっと日曜日が終わりましたね。木曜までものお付き合い、有難うございました。

   

« たこちゃんの日曜日(所沢&川越行③) | トップページ | ニッポンの工場 »

コメント

順番も懐かしい、隼、(鍾馗、)飛燕、(疾風、あとちょっとおみそで五式戦)。
元々陸軍の基地だったからやはり陸軍のものがあるのか、単なる中島つながりなのか、そういえばT-1も垂直尾翼のマークをみると小牧にあったもののようですが。

ちなみに液冷V12つながりでは、鼻先が細いところとかも似ているP-39を思い出したり。V12はやはりアメリカよりドイツ、ということになるのかな、とか。

…まずいところにくいついてしまいました。

メンチ、うまそうだなぁ。
時間かけてでも行きたくなる気持ち、分かります。
なかなか行けないと、余計に食べたくなるんですよね。

そして、所沢航空発祥記念館もすごい。
「飛燕」エンジン、その重厚さに脱帽です。

いつもお世話になります。
ベベルギヤはオイルポンプやスーパーチャージャー(エンジン後方のでんでん虫)に使用されていると思います。

川越に住んでいたころは、このメンチカツを何度か食べました。離れてしまうと、どうしてこんなにも遠いのでしょうか?
川越のお祭りはとても賑やかで、楽しいものでした。
そのかわり、小江戸は感心しませんでした。表だけ蔵作りで、後ろに回るとコンクリートかプレハブ。なんかもう、安普請でした。

川越のコエドビールは美味しかった。隼がヨコハマタイヤならP39はグッドイヤーでしょうか。P39はミッドシップエンジンに興味をそそられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たこちゃんの日曜日(所沢&川越行④:これでようやく完了):

« たこちゃんの日曜日(所沢&川越行③) | トップページ | ニッポンの工場 »