マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« たこちゃんの日本半周旅行(その5:3日目の錦帯橋行) | トップページ | たこちゃんの日本半周旅行(その7:5日目のかがみがはら航空宇宙科学博物館・前篇) »

2011年8月24日 (水)

たこちゃんの日本半周旅行(その6:4日目の岐阜行)

 夏休みの旅も4日目に入りました。今日は8月10日(水)のハナシです。とは申しましても鈍行列車による長距離移動は、旅の途中で必ずといってよいほど「距離を稼ぐ」日が必要となってまいります。それがこの日とあいなりました。

 昨日の岩国の夜は、瀬戸内の海の幸を堪能した(普段の東京では、放射線気にして近海産のモノは控えているもので)のですが、なんとカメラを持っていくの忘れてた(アホ)。おさえにヨメの携帯電話おまけカメラで撮影しておいたハズなのですが、それも「酔っぱらってて」保存ボタンを押し損ねていたらしく「撃沈(泣)」。とにかくおいしかったよ、というコトで。

2011082401 今日の朝はちょっと早起きして、岩国の市街地を御散歩してみました。昨日駅に降り立った時から気になっていた、この写真のビル。大昔の怪獣映画で、ラドンとか、アンギラスに壊されそうな(笑)、昭和20年代テイストの建物です。駅前にあるから、コレももうじき無くなっちゃうんだろうな。手前の大手金融会社の無粋な看板が、雰囲気を大きく損ねていますが。

 ところで、今日の行程はまだこの段階で決定していなかったのです。岩国と云えば「自衛隊&米軍共同基地」があります。ネットで調べると基地内に資料館的なものがあり、その入館に際しては事前の手続きが面倒、とある。で、基地の公式ページを見ると、「お気軽にお問い合わせください」とフランク且つ柔らかい感じ。ヨメが朝8時に電話してみると・・・、「はい、岩国○○○(聞き取り不能)、○○三佐であります」とケロロ軍曹しゃべり(笑)で極めて折り目正しい対応。資料館について尋ねると、米軍との共用基地のため、資料館に行くには「米軍エリア(治外法権区域)」を横断しなければならないので、一か月前から事前の申請手続きが必要とのこと。全然「お気軽」ぢゃ無い(泣笑)ので、今回はアキラメました。さてとコマったぞー、今日の目的地が無くなった。とりあえずは、東京に近づきながら考えるコトにいたしましょう。

2011082402_22011082403_2

 とりあえず、電車に乗り込みますと、ほどなく最初の終点駅、広島県「糸崎駅」に到着。次の列車がくるのは30分後。なんとか朝メシを調達しなければ、とヨメは一旦駅の外へ。ワタシは荷物番しながら、一服、二服・・・。うー、遅いなあ、帰ってこない。

20110824042011082405

 ジーッと駅の改札方向を眺めるコト20分。両手にレジ袋を提げたヨメが息を切らせて帰ってまいりました。「もー、駅前何にも無いのよー。とーーーーくに見えたスーパーらしきところまで走って行ったのよ!ぷんぷん」と云っております。この糸崎は車庫があるんですかね、周りになにもないのに、線路だけはたくさんある変な駅で、こんなコトなら、一つ手前の「三原」か、ひとつ先の「尾道」かのどちらかを終着にしてくれればよいのに。尾道に歩を進めておく手も微妙にあったのですが、そうすると、この糸崎発の列車を次駅で待つという格好になりますので、座席の確保が難しくなるといった事情があります。「青春18の旅」では周りにいる「背中に荷物をしょっているヒトビト」がみんなコンペティター(笑)。大概どこまでもついてくるように感じられるヒトビトがいるモノなんです。またクラブ活動に行ったり、帰ってきたりする若者たちも大勢います。座席確保は、食糧の確保とともに最重要ミッションなのです。

20110824062011082407

 途中、数度の乗り換えをたぶん(酔っぱらってるから、あんまり覚えてない:笑)してきたので、夕方には無事に岐阜まで到着しました。ずいぶん変わったな、駅前の風景。数年前に「クアトロエボ」の買い取り査定でまいりました折にはこんなぢゃなかったように思います。列車のなかでウトウトと考えを巡らして、明日の目的地がヒラめきましたので、今日はこの岐阜に宿を求めるコトにいたしました。JR岐阜駅から、名鉄岐阜駅まで5分ほど徒歩で歩き、名鉄駅の隣にあるホテルにチェックイン。

20110824082011082409

 昨日は岩国で「散財」したので、今日の夕食はチープにまいりましょう。実は、昼間に車窓より「近江ちゃんぽん」の看板を何度か目撃しており、新しい名物っぽいのかなあ、と心に留めておきましたので、たまたま、名鉄駅の中にあった、この「近江ちゃんぽん屋」に入ってみました。

20110824102011082411         

 どれも安価で、スープは関西風にすっきりした風味で野菜がふんだんに入っているのも嬉しい。大きな鶏のから揚げも、ワタシ基本的にはあまり好物ではないのですが、ココのは美味しく頂けました。いやー、満腹、満腹。御馳走様でした。

 この付近は、岐阜一番の繁華街なので、夜の街をフラフラしてみるのも面白いかもと思ったのですが、さすがにチトグロッキー気味。

 明日も朝が早そうなので、ホテルにまっすぐ帰ってとっとと寝るコトにいたしましょう。

続きは、また明日!

 

« たこちゃんの日本半周旅行(その5:3日目の錦帯橋行) | トップページ | たこちゃんの日本半周旅行(その7:5日目のかがみがはら航空宇宙科学博物館・前篇) »

コメント

昨日分には二重投稿してしまい大変失礼しました。
岐阜といえば駅前にキンキラ信長像が立ってますよね。あれも結構新しいみたいですけど。あと、ドンキホーテが最近オープンしたみたいで人が集まってましたが。
名鉄で明日はどちらに向かわれるのでしょうか…

岐阜駅、ずいぶんきれいになってしまったのですね。
10年ほどまえの頃、5~6年仕事で通っていたのですが、岐阜駅前の廃墟と化しつつある繊維問屋街が印象的でした。
食べたのは味噌煮込みうどんと帰りの新幹線の中の味噌カツ弁当くらいで、岐阜の名物が何かはわからないまま…。

昨日大阪日帰り出張だったのですが、前日残業による寝不足と
暑さが重なり、帰りはヘロヘロでした。

その上、帰りの新幹線の中で通路挟んだ隣席親子が
「せっせっせーの、よいよいよい」
と手をパチパチしだし、子供のゲラゲラ笑いで怒り倍増。
周りの乗客も迷惑顔で
「空気読めよー、母親」
と思いましたが、一応大人の対応(笑)で凌ぎました。

愚痴のはけ口になってしまいすみません。
暑さは疲労を倍増させます。
蒸し暑さ復活ですが、そこそこの根性+匍匐でムキにならず
頑張りましょう。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たこちゃんの日本半周旅行(その6:4日目の岐阜行):

« たこちゃんの日本半周旅行(その5:3日目の錦帯橋行) | トップページ | たこちゃんの日本半周旅行(その7:5日目のかがみがはら航空宇宙科学博物館・前篇) »