マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 10月を迎えて、雑感。 | トップページ | マセラティカリフの素晴らしさを伝えたい(その9) »

2011年10月 3日 (月)

秋の香りに誘われて・・・

2011100301a2011100302a

 昨日の日曜日は、もう目覚めたらアタマが完全に爆発してたので、懸案の散髪に行こうと早起きしましたところ、爽やかな秋の風に乗ってスッキリと香しいカオリがいたします。「コレなんのにおい?」と聞くと、「キンモクセイでしょ」との答え。「あーた、毎年秋になるとそう聞くわよ」とのコト。ワタシ、植物の名前がホント憶えられないので困ったもんですが、とにかく、この香りは好物です。あの、赤いのは何?→ヒガンバナだそうです。そうなの?

2011100303a2011100304a

 で、こうなった(笑)。バリカン4mm仕様でスッキリです。

 この1000円カット屋さんはどなたもウマイんですが、家から遠いのが難点。光が丘公園を跨いで2.3Kmくらいはありそうです。ちなみにワタシのアパートはデポよりさらに遠い方向に位置しています。実はデポのすぐ近所にも同業者があるのですが、一度行ったら・・・「うー(泣)」だったので、ちょっと行く気がしないのよねー。

2011100305a2011100306a

 その後、トコヤさんの近所に氏神様を祀った神社を見つけたので、御参りもしまして、光が丘公園をまた通って帰り道・・・ああ、またなんかヤッてる。「パラグアイ」がどーたらこーたらと横断幕にある。おお、なんか楽しそうなコトが始まる予感のテント群も。まだ時間が早いみたいなので、目の前の光が丘図書館でしばらく時間を潰しましょうね。

2011100307a2011100308a

 ・・・図書館から出てくると、ウォー、全面的に香ばしい炭火焼肉しかも「牛」!のニオイが公園内に充満しているではあーりませんか。

 近づいてみると、やっぱ牛(笑)。彼の地のバーベキュー「アサド(¥500)」というらしい。早く買わなきゃ、喰わなきゃ!「おーい、どっか生ビール売ってる?」

2011100309a2011100310a

 はい、調達完了(笑)。向こう産のウシさんらしく、見た目ほどにはジューシーではありませんが、歯の悪いワタシでも普通に食べることが出来ましたので、まあ、ヨシといたしましょう。そこに、日本人のお顔をして日本語「タドタド」な御仁が近づいてまいりまして、こんなチラシを置いていきました。へー、パラグアイってサッカーねたのときに聞くぐらいの南米のどこかにある国ぐらいの認識でしたが、意外と日本との交流深いのね。なんでも、日本で食べてる「ゴマ」の60%はパラグアイ製だそうです。これにはちょっと驚いた。

2011100311a2011100312a

 で、とうもろこしをどうにかして造ったと思しきトロトロ肉入りスープ「ロクロのスープ(¥100:まあ、ポトフみたいな感じ)」、とタコスに似た味と香りの揚げギョーザ状のもの「エンパナダ(¥100)」。どちらも、不思議な味ですが、決して不愉快なものではなく、ビールのお伴にとてもイイ感じでした。朝から異国情緒たっぷりで、なんかスゲー得した気分です。

2011100313a2011100314a

 で、これは「チョリパン」と称する現地のホットドッグ。チョリソーというのですが、全然辛みは無く、丸のまま一旦茹でたソーセージを今度は切ってから焼いてモチモチした食感のパンに挟んで完成というプロセスだったそうです。ヨメはマテ茶のタダ飲みコーナーでお兄さんの「淹れ方解説」を聞いております。

2011100325a 2011100326a

 ステージの方では、主催者の方から御挨拶の後、演奏が始まりました。ほとんどハープのような楽器による二重奏。コレがとても癒される音色でした。

こんなに近所で「地球の裏側気分」を味あわせて頂いてなんだか申しわけない気持でしたが、ホントにパラグアイに行こうとすると「丸二日」掛かるようです。一生のうちにワタシがたずねるコトが果してあるのでしょうか。

2011100315a2011100316a

 公園の中にも新たな発見が。ススキの群生は何かと思えば「昆虫原っぱ」だそうです。背景の高層団地が無ければ相当和める雰囲気なのですがね。「うーさぎ、うーさーぎー、何見てハネるー、じゅうごやー、おーつきさーん、見てはーあぁねーるー」って歌をなぜか口づさんでしまいました。

2011100317a2011100318a

 なんか、変ったカタチの建造物を発見したので中に入ってみると・・・へー、こうなってるんだ。小窓から望遠鏡で湿地帯の生物たちを観察できるんですね。

こんな施設があるなんて初めて知りました。光が丘公園って、ホント広いんだなあ。

2011100319a2011100320a

 出てくると、看板がちゃんとあった(笑)。バードサンクチュアリと云うんですね、こういった施設のコト。ご興味のある方は、土曜日や祝日に、マイクロ・デポ御来店のついで、行かれるのもいいかもしれませんね。さあ、公園をあとにして帰りましょう。

2011100321a2011100322a

 いやはや、懐かしい方もいるのではないでしょうか、こういったゲーム。

 デポ前通りの古本屋兼クリーニング店の店先で絶賛稼働中です。子供時分はさんざんこの手のゲームやりました。仮に成功しても「ずいまー」なガムが一枚出てくるダケだったですけどね。

2011100323a2011100324a

 参考のために、このお店からデポ方面を眺めた感じを載せておきましょう。こんな距離感です。

 日曜日のマイクロ・デポ周辺は静かな時が流れているようです。雨が今にも降りそうで、結局は降らなかったよという天候で、日曜午前中の「散髪&散歩ミッション」は大成功に終わりました。感謝!                        

« 10月を迎えて、雑感。 | トップページ | マセラティカリフの素晴らしさを伝えたい(その9) »

コメント

「昆虫原っぱ」
「カーレース」
いかにも昭和を思わせる字体が泣かせます。

古本屋兼クリーニング店、見過ごしていたなー。
今度何気にチェックしたいと思います。

お店の前、道路との間のわずかな土間に、何気なく横たわるマフラー(カリフの?)がいい味出していると思います。

近所に整備された広い公園、うらやましいです。一度息子とデポ→大江戸線駅まで歩きましたが、「さすが東京」と思ってしまいました。

パラグアイといったら、私は肉とラリッサを思い浮かべました。
どっちも美味そうです。

そりゃ存じ上げてますよ、「カーレース」のお店。お隣のファミマのATMには何度もお世話になってますし(笑)
キンモクセイの香りに彼岸花。今年は一気にそういう季節になりましたね。大江戸線の光が丘から歩いて御社にお邪魔するときに通りかかるバラ園も素敵です。
そして、タコちゃんのロマンスグレーもす・て・き

昨年のW杯決勝トーナメントのパラグアイ戦、猪木VSアリのようでした。手に汗握ったまま決定機無くPKへ。パラグアイは同じく南米の華やかなブラジル、アルゼンチンとは対照的に地味で堅実で冷静。冷静にファウルする。難解(言い換えればつまらない)なサッカースタイルと思っていました。いやいや、サッカーとは文化。難解な中に面白さを見出すのが教養。でも、その後の日本との親善試合では中盤の底で巨漢のオルティゴサが丁寧にゲームを組み立てる好チームに変貌。香川真司の素晴らしいゴールが好ゲームに花を添えました。いけない!サッカーネタは当分、自粛しときます(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の香りに誘われて・・・:

« 10月を迎えて、雑感。 | トップページ | マセラティカリフの素晴らしさを伝えたい(その9) »