マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティ222SEのエンジン周りを解剖する(その2) | トップページ | マセラティ222SEのエンジン周りを解剖する(その3) »

2012年1月20日 (金)

創業「満15年」、これからも「プラス思考」で。

 東京西部の練馬では今朝早くから雪が舞う天候となっておりました。皆さんお住まいの地域では如何でしたでしょう。ともあれ、深く積もることはなくて、いささかホッとしております。

 本日、平成24年1月20日、弊マイクロ・デポ株式会社は創業満15年を迎えました。

 ひとえに弊社を支持し、御贔屓してくださる全国の顧客様方の「クルマへの熱意」こそが、この15年間を紡ぎだしてくださったのだと、岡本三兄弟一同で深く感謝いたしております。

 「15才」は、しかしながら、まだまだ中学生であります。未熟な点、至らぬ点、不勉強な点、いまだ数多くの「未完」な問題点を抱えております。明日からの16年目は「満30年」への折り返しの第一歩です。創業時の若々しい気持ちを今一度呼び起こし、邁進してまいります。

 ところで、最近たまたま読んだ本に「0.2秒の法則」というのが載ってました。それによると、人間の脳というのは、ひとつの問題に直面した時に「過去の失敗経験や、世間の風評による思いこみ」により「また出来ないんじゃないか」「それは無理だ」といった後ろ向きな「マイナス思考」をはじきだすのに「0.4秒掛かる」そうです。そのマイナス思考が出てくる前に「むりやりにでもプラス思考をする」くせをつけるというのが「運を呼び込むポイント」であると説きます。傍から見て「あの人は運が良い(そして成功している)」と見えるような方は、このプラス思考を上手に(しかも0.2秒で)発想出来ていることの賜物であるらしいのです。

 一方で、事にあたってはじめから「不可能」を口にしたり、それを脳内に想起する者が、万事を成功にいたらしめる可能性は限りなく「ゼロ」に近い。

 こういった「心のありよう」は幼少時からの「小さな体験」よりはじまり、少しずつあたかも「寝雪の如く」に積層してまいりますので、年を重ねれば重ねるほど、その「思い込み」は一層強固な「氷の岩板」へと進化していくものであると考えられます。

 若くして大きな成功をおさめるようなアスリートなどは、親や優れた指導者に恵まれて、ごくごく幼い頃より「小さな成功体験」を数多く積み重ねていく事により、ここぞといった曲面において最高の成果を発揮することが出来ているのではないかと、やはり思うのです。成功体験は次のプラス思考を呼びますから、またさらなる次の成功を得る。

 これを以って考えますと、多くの人々のこれまでの人生中において、実は「大きな成功体験」というのは非常に少ないものではないでしょうか。私自身にもそれはあてはまります。ですから、国民の多くがついつい目の前の問題解決にあたって「マイナス思考」から入ってしまうクセが付いてしまっているのではないかと思えてきました。さらに、テレビ・ラジオや新聞、週刊誌等などのマスコミは、この大多数の身上を代弁するかの様に、何か一朝事が起こると極めて煽情的な表現で、「マイナス面」ばかりを強調して報道したがります。

 弊社は過去15年間、従来の世間において難物と云われ続けてきた「ビトルボマセラティ」を、「プラス思考」の積み重ねにより、どうにかここまで使える自動車に仕立てあげるノウハウを得るコトが出来ました。「ヒトの造ったものだから、必ずなんとか出来る筈である」という発想こそがすべての原点でした。しかしながら、数多くの失敗もありました。現在でも毎日が試行錯誤の連続であることには変わりがありません。。

 まだまだ私たち三兄弟が考える「理想郷」は、いまだ地平線の彼方です。「必ず出来る」「断じて突破し成功させる」、この信念を明日から「0.2秒以内」にいつでも想起出来るよう、いよいよ鍛練し、邁進したいと思っております。

 今後とも、全国の弊社顧客様からの薫陶と激励にお応えして参る所存です。

 岡本三兄弟:「有難うございました!(ペコリ)」

 

 平成24年1月20日

 マイクロ・デポ株式会社 代表取締役 岡本和久 

« マセラティ222SEのエンジン周りを解剖する(その2) | トップページ | マセラティ222SEのエンジン周りを解剖する(その3) »

コメント

祝、創業15周年!マイクロ・デポさんとの出会いによってクルマをどこで買うかという悩みは無くなりました。これからもよろしくお願いします。

15周年おめでとうございます。

あのときY10を欲しいと思い、カーセンサーで広告を発見し(唯一複数台Y10が出ていた)、春日町を訪れなかったら、さて今自分はギブリを手に入れていただろうか…。
いやでもギブリが欲しいと思って探し始めたら、やはり土支田交番に辿り着いていたかな、遅かれ早かれ、吸い寄せられるように。

創業満15年おめでとうございます。
15年のうちの1顧客であることを誇りに思います。

思えば大阪から春日町旧店舗にお邪魔し、真摯な姿勢に
心を奪われ「マイクロ・デポで買いたい」と思った瞬間
「決めます」と言った一言が今日に至る勝因です。
まさに「0.2秒の法則」です。

これからも宜しくお願いいたします。

15年は素晴らしい。起業から30年存続できる会社のパーセンテージってのは確か10%以下と聞き及んだことがあります。あと半分で一流企業と言っても差し支えない。今でもある意味充分一流ですがね。
まぁ、自分がまともに自動車運転可能な人生残りの時間にほぼ相当する15年間位は最低頑張って頂きたい。いやいやそうとは言わず次の世代の育成もぜひ。しかしながらこんな辛いこと最近の若者には無理か??
あ~時折無性にビトルボに乗りたくなるんです。なぜだか。やはりあの工業製品と工芸品の境界線に存在する絶妙なフィーリングでしょうかね。実用たる工芸品であり、鑑賞に堪えうる工業製品でもある稀有な車であります。

そうですか、15年なのですか。

おめでとう御座います。これまでご苦労様でございました。
そして、これからもますますのご活躍をお祈り致します。

私なんぞは、つい最近ご縁を結ばせて頂いたばかりで、それなのに厚かましくも、
ご自宅に夫婦揃って伺ったあげく、プラモなんぞを作らせて頂いたりして・・・
何なんでしょうね(笑)

こちらのブログを拝見するにつけ、モノ作りに対する真摯な姿勢を見習うべきだなと
つくづく思い知らせている次第であります(あ、仕事に対してのですよ)。

これからも無理の無い所で、小気味良いまでのこだわりを貫き通して
下さいね。

これから続くであろう、長いおつきあい、呆れずに宜しくお願い致します。


15年、お祝い申し上げます。

一言で15年といっても、それはそれはリアルタイムで知らないものでも、
重い歴史があったのではと、想像してしまいます。

その歴史の中で積み上げてきた数々のノウハウを、今、注ぎ込まれた車でビトルボライフを過ごせる事が、なんと有難いことか!
そう思うと、ビトルボマセラティ1台目がデポ生まれでなかった私としては、他社で購入したクワトロポルテに乗っていた時代は、まさしく新人教育期間だったのではと、思ってしまいます。

そういえば、このブログで紹介される写真付きメンテ話も、ディーラー向け整備マニュアルとして、十分に値するレベルやんか~!

創業15年、おめでとうございます。私は紛れも無くマイナス思考の人間でしたがマイクロ・デポとビトルボに出会ってから随分とプラス思考になりました。ビトルボを所有する事で少しずつ良さが分かってくる。新たな発見がある。見れば見るほど飽きなくなる。そして心にゆとりが生まれます。こう言うとまるで宗教のようですが決して宗教ではありません。いや、やっぱり宗教なのか?どうでもいいや。マイクロ・デポとマセラティとその他多くのクルマたちは素晴らしいって事です。いつも素敵で有り難うございます。今日も楽しませてくださいまし。

創業15年、まことにおめでとうございます。
私は創業2.5年ですから、デポの足元にも及びません。個人商店を構えてから、デポの辛さの一端を知らざるを得なかった、まあ、これも財産なのでしょう。それだけに、決して手を抜くことのない、真摯なお仕事には、深い尊敬の念を抱いています。私もがんばります、ミストラルが買えるようになる日を目指して。どうかこれからも支えてください。

まずもって、おめでとうございます。なんかもっとムカシからやってるような気がしますね。思えば10年前、貴社へお邪魔しようと、国1を同僚と走つた覚えがあります、神奈川へ入ったところで「あっ、今日、定休日だって?!」とカーマガジン片手に唖然(確認しとけって)
とした記憶が。
あれからあっちこっちと、イロイロあって一時はクルマに興味も薄れた時期もありましたが今お付き合いできて嬉しく思います、これからもよろしくお願い致します。

Congratulazioni!
創業15年おめでとうございます。まだお付き合いは1年ですが、宜しくお願いします。

おめでとうございます!
初めて春日町の旧店舗にお邪魔した日を昨日の事のように思い出します。カーマガ広告の「敷居をひく〜くしてお待ちしております」との社長の一言が背中を押してくれました。御社なしに、私のようなクルマど素人が安心してビトルボマセラティを乗り継ぐ事などあり得なかった事です。不可能を可能にするマイクロ・デポ、益々ご発展されますよう!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 創業「満15年」、これからも「プラス思考」で。:

« マセラティ222SEのエンジン周りを解剖する(その2) | トップページ | マセラティ222SEのエンジン周りを解剖する(その3) »