マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« またも、雨の土曜日 | トップページ | 都営大江戸線の小さな小さな旅(その2) »

2012年3月26日 (月)

都営大江戸線の小さな小さな旅(その1)

 なかなか本格的な春の到来とはまいりませんが、昨日、本日と天気はまあまあであった東京の城北地区。昨日曜日には昨年暮れ以来伸ばし放題であった頭髪をなんとかせねばと、いつもの散髪屋(1000円カット)に行きました。あー、せいせいした!といったところで、日曜にせっかく外出をしたもので、ついでに当ブログで毎度御馴染の親友T君のところに誕生日プレゼントでも持っていってやろうと思い立ち光が丘駅から「都営大江戸線」に乗車いたしました。

20120326012012032602

 ヨメが「只今、春のワンデーパスが絶賛発売中!」というので、コレを購入しました。500円で一日中全都営地下鉄が乗り放題のキップです。

 画像にもありますように、都電、都バス、日暮里⇔舎人(にっぽり・とねり)ライナーには御利用になれませんから御注意を。

 いざ、光が丘駅をあとにいたします。座席の向かいに「黒い服を着て花束を持った人々」が座り、「ウー、オレもなんか忘れてるような気がする」・・・と、ハタと思い出したのは、「あー、御彼岸だよ」。墓参りに行かなきゃ(笑)。というわけで、急遽「練馬」で下車。

20120326032012032604

 この西武池袋線練馬駅の北口にはワタシが小さい頃、今はもう無くなってしまった「カネボウ」の工場がありました。

 同工場が無くなったあとも相当長い期間、広場として放置されておりましたが、25年ほど前からでしょうかね、こんな感じに徐々に整備され、今では「練馬文化センター」とこの「平成つつじ公園」が整然とあります。

20120326052012032606

 初めに当地に建った「練馬文化センター」。ふと掲示板を見れば懐かしいポップスピアニスト「リチャード・クレイダーマン」が来ると云う。この公会堂が出来た頃、コノ人は日本で人気絶頂でしたが、なんとこんな練馬の公会堂でコンサートをやるというので家族していそいそと観覧したことがあります。30年ほど前のハナシです。なんで「観賞で無くて観覧」なのかと云うと、場内のPA悪すぎで、音が悪く、家でレコード聞いてた方が良かったからです(泣)。バンドもナマが入って無かったしな。今行くとどんなサウンドで聞かせてくれるのでありましょうか。妙に値段が安いのが気になるところではありますけれど。

20120326072012032608

 御参りの帰りに公園の外周を散策すると、そこかしこに「春」が訪れているのがわかりました。

 自然は、やはりナメてはイケません。微妙な気温の差だとか分かるのだろなー。今年は梅も桜もまだまだと思っておりましたが、ここ数日少々暖かくなったせいか、梅だのボケだのが咲き始めたようです。

20120326092012032610

 練馬駅のターミナルビルも数年前の高架化工事ですっかり様変わりしました。

 ご覧のように「銀だこ」だってちゃんとあるんですから(エヘン!:笑)。たこ焼きで精進落としといたしましょう。

 最近では色々と種類がありますが、やはりプレーンなやつが一番美味いように思いますね。

20120326112012032612

 コンビニで発泡酒も仕入れて、いざ「プシュッ!」。

 「んっ、んんっ、んんんっ・・・ぷハァー」んー、コタえられませんな。「オレは今、モーレツに生きてる」って感じがしました。たこ焼き+発泡酒はジャンクフードとは申せ、最高のコンビネーションのひとつでありませう。あー、蘇生したぁー。

20120326132012032614

 再開発され切っていないところもこの練馬駅北口の魅力ですが、こちらのバスターミナル上のスペースは、青い空を見ながら弁当喰ったりするのも最高の気分です。えっ?そんなの恥ずかしいって?ダレも見ちゃいませんよ、ワタシのことなんか。あくまで堂々としてりゃいいんですよ、堂々と(居直ってる:笑)。外メシ(飲み:笑)の楽しさはコタえられませんね。

20120326152012032616

 大江戸線でとりあえず歩を先にすすめます。んで、降りた駅は「落合南長崎駅」。フツー降りないよな、こんなトコ。

 ちょうど「目白通り」が新道と旧道に分岐するところ、新青梅街道と交差する位置にあります。いつもクルマでは爆走してピューっと通り過ぎてしまうところなので、外に上がると「こんなだったけ?」という感覚に捉われます。駅の周辺も新しいテナントビルが建ち、景観はワタシの知るものとまったく違ったモノになっていました。

20120326172012032618

 駅を降りたら案内表示に「トキワ荘のヒーローたち」という碑が立ってる公園があるという。「トキワ荘」と云えば、手塚治虫先生とその弟子たちの梁山泊としてあまりにも有名なスポット。「あー、ココがそうなのね」というわけで元来の予定にはまったくありませんでしたが、所縁の地を訪ねる旅に一部変更(いつもこう:笑)するコトに急遽いたしました。

 良く分からないながら、ぶらぶらキョロキョロと歩いていると、見知らぬバーサンがどこからともなくあらわれて、「ドコかお探しですかぁー」とヨメに話しかけております。「あのー、南長崎花咲公園っていうのにイキたいんですけどぉー」「あぁ、それならね・・・」といった調子で丁寧に教えてくれたので、こちらも深々とアタマを下げて先を急ぎます。

 このあたりは「昭和の香りがそのまんま冷凍保存」されているようなごくごく普通の住宅街ですから、あたりを伺う怪しげな夫婦と映ったのかもしれませんね(笑)。しかしながら、こういったシチュエーションもきっと多かろうと思います。おそらく全国から聖地巡礼の旅というコトで当地を訪れる方々は多いでしょうから。

20120326192012032620

 で、そのモニュメントがこちら。結構大きくて精巧なトキワ荘のオブジェが頭上を頂きます。

 実際、ワタシはマンガ家さんのことはあまり詳しく知りませんし、子供の頃にもあまり読んではいなかった(ホントなんですよ!)もので、マンガに関しては「一般教養レベル」の知識しか持ち合わせておりません。

 ところが、全国を旅する過程で、東京都青梅市にある「青梅赤塚不二夫会館」や、兵庫県宝塚市の「宝塚市立手塚治虫記念館(4回訪問:2回入場)」、宮城県石巻市の「石ノ森萬画館(2回入場)」と同県登米市の「石ノ森章太郎ふるさと記念館」、世田谷区にある「財団法人長谷川町子美術館」等などの著名マンガ家を顕彰する施設をついつい訪れてしまうコマったクセが治りません(コレはどー見ても、もはやマンガオタクの所業だよね:笑)。あー、この鈴木伸一さん(オバQに出てくるコイケさんのモデルだと云われている元マンガ家)が館長を務める「杉並アニメーションミュージアム」にも何度も行ったっけな。

20120326212012032622

20120326232012032624

 みごとな「トキワ荘」のオブジェを各方向から撮影してみました。

 玄関の横に停めてあるラビットスクーターは、当時トキワ荘に居住こそしていなかったものの常連「通い組」であったという「つのだじろう(うしろの百太郎、空手バカ一代)」先生がいつもこうして駐車してたのを再現したモノだそうです。こういったところの芸の細やかさがサービス精神というものですね。

 それにしても、結構部屋の数が多い大型物件だったんですね、このトキワ荘。イメージしていたものよりはるかにリッパ。窓の数を数えると相当ありそう。

20120326262012032627

 そんなギモンに答える如くに二階の見取り図が。

 はやり現在ならば「大規模なワンルームマンション」といった感じですね。

 ムカシは3畳が普通、4畳半はちょっとしたぜいたく、「ろくじょーま」ともなればアコガレであったコトでしょう。現在、普段のワタシは夫婦で8畳一間のアパート暮しですが、それなりに結構楽しんで生活しておりますよ。巨匠たちでもこのつましい暮しぶりであったコトを思えば有難いコトです。

2012032625_32012032628

 左の写真の絵中では「どなたがどなた」かがお分かりになりますかね(わかるヒトは、そーとートシ&マニアあるね:笑)。鈴木伸一さんの絵だと思いますが、自画像(一番左のカメラマン役)はほんとに、まんまコイケさんです。

 「所縁の地マップ」が立ってましたので、概略をアタマに叩きこんで、これから商店街巡りをしてみるコトといたしましょう。

20120326292012032630

20120326312012032632

 ・・・って、もう、商店街自体が「昭和」そのものだもんな。

 こんな、地下鉄で15分ほどのところに「鉱脈」を発見した思いです。

 キョロキョロしながら、見るもの見るモノ写真におさめずにはいられません。結構そのまま営業している(動態保存:笑)というのが見てとれるのも嬉しいばかりです。残念ながら日曜日のためかそのほとんどはシャッターを降ろしておりましたが。この写真の「○○マーケット」、間口に対する奥行きの深さがいかにも当時っぽくて特にタマりませんね。

20120326332012032634

 そろそろノドが渇いたなあーと、いうところで酒屋さんを発見。

 寺田ヒロオ先生がその製法を考案されたという、焼酎とソーダーをブレンドして作る「チューダーあめ」というのと「チューハイ」を同時に手に入れました。

 固体と液体のガソリン(チューハイのことよ:笑)を補給しながら、なおも散策を続けます。

20120326352012032636

 数々のマンガの巨匠が修業時代のハナシを書くに及んで必ず登場させるという、中華料理屋さんがココのお店だそうです。

 トキワ荘では、ここのラーメンが引越しそば替わりであったそう。いまや、立派なビルに変貌してしまいましたが、往時は味のある建物であったのでしょう。ある意味有名店なので、お客さんがたくさん来たものと思われます。時間が中途半端だったので伝説のラーメンを御相伴に預かるコトができませんでしたが。

20120326372012032638

 さあ、左の写真ですが・・・ここ、いったいどこ?

 答え:トキワ荘の跡地であります。全然普通の会社の社屋になってますけど、オタクの人々が訪れるので近隣の人々はスッカリ慣れている様子です。もっとも、晴れた日曜の午前中から、こんな地味なところに喜んで来てるのはワタシたちだけですけどね(笑)。 

 一方、路地の向かいの街並みが右の写真。いまだ往時の雰囲気を残していると思われます。路地の先は味わい深い昭和の風景が続いていきます。

20120326392012032640

20120326412012032642

 まるで、「三丁目の夕日」のセットであるかのような街並みがごくごく普通にあるのがこのあたりのスゴいところ。

 あー、朽ちかけた配電盤、何と云ういい感じのダシの出方(笑)よ。残念ながら現在は営業をしていない元文房具屋さんの脇を入ると、昭和タイムスリップは頂点に達します。右の写真、元はいったい何の建物だったんでしょうね。看板の残骸、脇に並ぶ掲示板の群れ・・・。

20120326432012032644

 その玄関部分をクローズアップすると、懐かしい「玄関バッチ」の数々が見受けられます。

なんか旧い家に行くとこういったモノがやたらと貼ってあったんですよね。旧車にもあるでしょ、カッチョいい「エンブレム」の数々が。水道、電話、電気、N○K、靖国神社、日本赤十字会員・・・。

 

20120326452012032646_2 残念ながら、ペンキで塗りこめてあったり、風化したりしているので、拡大しても読みとるコトが出来ません。でも、どこかに残してほしいなこういう空気感は(江戸東京たてもの園とか)。街のそこかしこに「昭和」は香ります。

20120326472012032648_2

 うぉー、「出たな?ショッカーの改造人間!(藤岡弘。の声で:笑)」。なんで、フツーにこんなクルマがガレージに置いてあるのでしょう。

 スズキフロンテのおそらくは1972年製あたりのモノ(音出ます、気を付けて)が何事も無かったかのように、鎮座しているのには、驚きを通り越してアキレました(笑)。全然マニアのものでは無いと思われます。現在のおぢーさんがまだ若い頃に買って、そのままずぅーっと持ってて、今でもそのまま持ってる(笑)。ただひたすらにフツー。だからこそスゴいのであります。もう一度「なぞの掲示板スペースを撮影して」いいかげんに次行こう。

20120326492012032650

 次は赤塚不二夫先生が、そのムカシ、作業場(スタジオ)として借りていたという謂われのある「紫雲荘」というアパート。

 現存している当荘は、現在でも本当にマンガ家を志す若者のために開放(紫雲荘・活用プロジェクト)されているようです。この空気感も大器を熟成するには必要な空間でありましょう。ラーメン喰いながら、ね。

 追記(平成24年3月27日):当コメント欄にて「しいなまちお・K」さんよりご指摘&訂正依頼がありましたので、上記のように訂正させて頂きました。なにせ門外漢のブログなのでお許しください。トキワ荘プロジェクトは別のNPOだそうです。ご迷惑をお掛けいたしました。いずれにいたしましても、当ブログがご関係者の目にとまるとは嬉しい誤算(笑)でした。コメントを寄せて頂き有難うございました。

20120326512012032652

 その紫雲荘の真向かいにある駐車場を跨ぐと、今どき珍しい「未舗装」の空間が出現いたします。路地の脇には「カラオケスナック」などが立ち並び、とっても昭和でイイ感じ。

 なんか向こうに看板が見えるのでとりあえず行ってみるコトにいたしましょう。

20120326532012032654

 ・・・「子育地蔵尊」というところでした。ウチには子供がいないけど、とりあえず「みんな元気に・・・」とお参りしました。

 そのスグ横に聳え立つ「カベ」にいたく感銘を受けるワタシ(アタマがへん:笑)。この風格は一朝一夕には醸し出せません。そう思いません?(思いません→皆さんのお答え:泣笑)

20120326552012032656          

 あー、「キンギョ屋」さん。こんな看板が今どき見られるとは。

 

 駅の案内看板をチラっと見ただけで、南長崎界隈を探検するコトになりましたが、有意義で濃密な2時間でした。後髪を引かれつつも次に行かなきゃね。

 コレ、まだまだ続くんだけど、いい(笑)? それでは、また明日。

 

                        

« またも、雨の土曜日 | トップページ | 都営大江戸線の小さな小さな旅(その2) »

コメント

良い旅をされましたねぇ。
ちい散歩ならぬたこ散歩、続きが楽しみです。

ああ久しぶりにたこ焼きが食べたくなりました。

おばんでやす!

このところ、大気中を舞う得体のしれない微粉にやられまくっているハナタレじじいになってます湯河原の…です。

リチャード某のご来日ですか?
日本中が”これ”一色に染まっている時期がありましたなぁ~
まだ私が小僧に毛が生えた頃でしたので、ツッパって毛嫌いしておりましたが、
年をとると、妙に懐かしく感じたりしてね!
に、しても、ストリングストリオってのに引っかかりました。
バイオリン+ビオラ+コントラバス???  でなくてビオラ???
モノを知らない私としては、非常に気になったりして??

あいっ変わらず、食いつき所を外していてm(_ _)m…

さわやかな小旅行の始まりが、だんだんとディープな世界に(笑)。
でも、よろしゅうございます。

フロンテはすごい。
只者ではないオーラを感じます。
この妙な感じ、ワタシにはまだまだ真似できません。

うちの町をこんなに詳しく、しかも「昭和」視点からレポートしていただきありがとうございます。
トキワ荘文化の継承活動をしておりますトキワ荘通り協働プロジェクトのKと申します。
残念ですが、この町でさえ「昭和」の面影は徐々に少なくなっているのも事実です。
でも、トキワ荘記念碑の電灯は、昔の電傘を復刻、あれの昔のままのものが当地にはまだ3ヶ所くらい残っていますよ!

あと、ひとつだけ訂正していただきたいことが!
「トキワ荘プロジェクト」とは、他のNPOさんの漫画家支援事業です。
うちは、あくまでマンガ文化継承を目的にした中でのマンガ家応援で、
「紫雲荘・活用プロジェクト」と名付けております。
http://tokiwaso-street.jp/project//shiunsoproject/

では、また来ていただけるような町でいつづけたいと思っております。


さっそくの、ご訂正、ご加筆、ありがとうございます。
ここまで高密度のレポートは、はじめてかと…
感激しています。

4月からは、記念碑3周年イベントも始まりますので
ブログ「トキワ荘通り」http://blog.goo.ne.jp/tokiwasou-street
もマメにチェックしていただければ幸いです。
(リンクもさせてください!)

今後とよろしくお願いします。

「氷結」もまぁいけますが,
「本搾り」はうまいですよ.
レモンもありますが,私はグレープルーツが好きです.

元メルシャンですが
買収され,キリンブランド下で販売されてる状況なので,
マーケティングに力が入ってないみたいで,
店頭で見かける事が非常に少ないですが.
絶滅危惧種です.

「本搾り」ぜひお試しあれ.

内容とほぼ関係なくてすみません.
(決して利害関係者ではありません.念のため)

あー、皆さん、ハナシがあっち行ったりコッチ行ったりのブログにどうにかコメントをくださり、いつも心から感謝いたしておりますよ!

↑↑「しいなまちお・K」さん、このように「偏った内容(笑)」のブログでよろしければ、是非ともリンクをお願い申しあげます。今後も貴プロジェクトのご発展をお祈り申し上げます。
ワタシたち夫婦の気まぐれな街歩きが思わぬご縁を結んでくれたようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都営大江戸線の小さな小さな旅(その1):

« またも、雨の土曜日 | トップページ | 都営大江戸線の小さな小さな旅(その2) »