マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 外套を羽織ったクアトロポルテ | トップページ | マセラティ本社のサイトを久しぶりに観たら・・・ »

2012年3月22日 (木)

眼の性能に老いを感じるこの頃

 たいへん残念なコトに、最近あるお客さんが遭遇された「120%もらいジコ」の修理をすると仮定した場合(実際にはダメージがかなり深いので事実上修理は不可能なのですが・・・)の金額算定のため、早朝から一日中パーツリストとパソコンモニターを交互に「にらめっこ」して資料を作成(ウナるほどパーツ点数が多い)しておりましたら、午後になる頃には脳内がクラクラといたしました。階下に降りてソトの空気を吸い込むと、太陽の光が真っ白にみえます。あー、幻惑。

 ここ数年、ワタシの「老眼は」明らかにすすんでおりまして、ドアの内部に手を突っこんでリンク類をはずしたり調整したりする作業をする場合には、「もー、腕が2メートルくらいあればいいのに・・・」と嘆くコトしきり。もはや、そういった場合は「心眼」で見る。指先の触感に頼って作業をすすめ、出来たら「遠くから確認する(笑)」というプロセスが必要だったりします。実は当ブログに載せている作業中風景の写真は、後にパソコン上で拡大写真にして作業プロセスと仕上がり具合を確認するためのものであったりもしているのです。

 今日の夕方、千葉県在住の「Oさん(マセラティスパイダーザガート乗り・・・というか、一代男:失礼:笑)」がマイナートラブルのシュートのためにお見えになりまして、「この間のこのブログの記事で”0.2秒の法則”って云うのがあったじゃないですか。アレに非常に感銘を受けましてね、会社でも部下にその訓話をしたりしてるんですよ。朝、会社に出て自分のところに山ほど来ているメールを開くと、ホント見るのもいやになっちゃうようなハナシもいっぱい来てる。でも、そういう時は”0.2秒の法則”を思い出して「その案件もきっとうまく行くんだ」とポジティブシンキングするようにしています。日本人みんながポジティブな気持ちにならないとやっぱり国内の疲弊した状況は良くなっていかないと思うんですよね」なんて嬉しいお言葉を頂戴いたしました。ワタシの駄文が一流外資系企業の現場で「講話」になってるなんて、ちょっと申しわけない気持ちではありますが。 

 そのハナシをされて、大震災や原発復旧復興関係事案が一向に好転してこない昨今の国内事情や、相変わらずの(底辺における)景気低迷、我が身自身の老いを日々感じ、些か委縮しておりましたワタシの心も晴れやかになりました。お客さんは有難いものだなあ、ホントに(感謝!)。 

 いつまで五体満足でいられるかはわかりませんが、一日一日を最大限充実させて、全力匍匐前進でイクしかありません。もちろん、いつでも「ポジティブシンキング(0.2秒以内に:コレが意外と難しい!:笑)」でね。 

 皆さんもお試しあれ。それでは、また明日!

« 外套を羽織ったクアトロポルテ | トップページ | マセラティ本社のサイトを久しぶりに観たら・・・ »

コメント

あ~ 社長の目のお具合と同じく、遠近両用の小生です。
過日は身勝手な訪問にも拘わらず、お付き合いいただきましてありがとうございます。
20日の巻頭言、改めてデポ製マセラティが身近にある幸せを感じています。月いち程度の近所の買い物ぐらいしか乗れない状況ではありますが、あの空間に身を置けること自体が癒し、活力の源です。
近々、点検の相談ご連絡させていただきます。
ブログ内容と関係なくてすみません。

↑あー、早速のコメントを有難うございます「ぐりしるおっとー」さん。ワタシ、今ではパソコンモニター見るのに、常時「200%拡大以上(笑泣)」に設定して、ホームページ造りや、当ブログの更新を行っておりますよ、ホント。お互い健康にトシをとってまいりたいものですね。ご自愛ください。

遠くも見えないのに、近くまで見えなくなって早10年です。
おまけに、今日なんぞは目が痒~の痒~の!!
そのうち車が黄色い粉粉にまみれて近寄れない日々が来るんだろうな…

だんだん話題の投げ込みから離れていっておりますが、
もらい事故。
なんとも身に詰まっされる話です。
御身がご無事なのは大前提なのですが、修理不能とはなんともお気の毒でございます。
我らに身近な(本当は超付けても良いほど珍しい車のはずですが)
ビトルボマセラティなんぞは、ボディに過大応力がかかったら、
”押してもだめなら引いてもダメ”てなイメージをもってるのですが、、、、

コロコロと話の筋がズレまくりますが、
全損の場合は、古めのマセラティといえども保険屋さんはそそくさと引き取っていくのでしょうか?
引き取ってどうするのでしょうか?
まとめて解体屋さんに二束三文で引き渡すのでしょうか?
もしよろしければ(過去の経験からの話で)教えてもらえませんでしょうか?
考えたらまた眠れなくなってしまいました。

でわでわ…

最近、ウチの職場は「レーシック」をされる方が多いのですが、
老眼が入ると「またメガネ」になるのでは、なんて考えてしまいます。
やーねぇー(笑)。

実物の目を労わりつつ、世の中の眼力鋭くポジティブシンキングで
行きましょう。

本日は迅速かつ的確な処置をしていただき、本当に有難うございました。 お陰さまで、車も私も本来の元気を取り戻すことができました。
”0.2秒の法則”によって得られる小さな成功体験を積み重ねることが、今の政治や将来に漠然とした不安を抱いてマイナス思考になるより、ずっとすばらしいことだと実感しています。 このプラス思考で、いつかアイボリーレザーのデポ製モンディアルtに辿り着けると信じて疑う余地がありません:)

あ〜、私も最近よく目が疲れるのは老眼の始まりかしら…
いや、まだまだ、と思いたいですが(笑)。
40を過ぎて老化を自覚する場面に多々遭遇するようになりました。
今朝も目覚めたらなにやら身体中が痛かったし、
何より記憶力低下、根気の減退を感じます。ヤバイなσ(^_^;)

最近目にしたお原稿によれば、
老化に逆らうという発想は正しくなく、
老化の進行をいかにしてゆっくりとしたものにするか、
と心掛けるべしとか。

私も0.2秒の法則をいつも心に、
老いる事もまた喜びに変えて、
自分なりの匍匐前進を続けてまいります。
いま通勤途中なのですが、
朝からこんな気分にして頂けるブログ、最高であります!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眼の性能に老いを感じるこの頃:

« 外套を羽織ったクアトロポルテ | トップページ | マセラティ本社のサイトを久しぶりに観たら・・・ »