マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« ビトルボマセラティの内装分解工程図解(その3) | トップページ | デポにディーノがやってきた午後 »

2012年3月16日 (金)

ビトルボマセラティの内装分解工程図解(その4)

 昨日は吹き付ける突風に苛まれつつの作業でマイりました。日付変って本日は寒くはありましたが比較的穏やかな天候でした。さぁ、今日も本ブログ、爽やかにイッてみましょう!

20120316012012031602

 ・・・はい、ダッシュボード、センターコンソール、左右ドアトリム、左右シートをすべて降ろした状態がコレです。

 ステアリングコラムは一旦元の位置に戻して固定してあります。前にも書いたかも知れませんが、ギブリⅡの初期モデルまでは、すべてのハーネスがご覧のようにボディ側に残りますので、この「トリがら(笑)」状態でのエンジン始動や、各電動装備品の動作が驚くコトに出来てしまいます。

 メーターハーネスとエアコンコントロールユニットを繋げば、エアコンをかけながらの走行すら物理的には可能です(その場合、電気的絶縁ポイントがありますのでどなた様も絶対にマネしないでくださいね:笑)。

20120316052012031604

 降ろしたダッシュボードを分解していきます。

 ダッシュボード上のトレーは、写真の様に2本の固定ステーから生えているボルトの締結と、トレーベース鉄板から生えた4本の足にロックワッシャーを噛ませることによりダッシュボードと一体化しているかのように付いて見えます。

 シャマルやギブリⅡでは、写真の固定ステーを造形上オミットしています。その代わり中間部分の固定にはシリコンシーラーをランダムに団子のように盛り付けたうえにトレーを載せるといった、些か豪快で後戻りの出来ない(笑)やり方を採用しておりますので、経年後にこの作業をする場合には、樹脂のヘラ先などでなんとかシーラーをこじりながら徐々に剥がしていくしか打つ手はありません。

20120316032012031606_3

 トレーとダッシュボードを分離しますとこのような状態です。

 アルカンタラの張られたトレーの裏側は鉄板であることがわかります。このクルマでは散見される程度ですが、表面が真っ赤にサビているコトもあります。

 さらにアルカンタラを剥がしますと、ウレタンフォームのシートが出てきます。経年で茶色く変色していますが、かろうじて弾力性は保持している模様。ですが、せっかくですので、ウレタンフォーム部分も新品に張り替えるコトといたしました。

2012031607_22012031608

 前夜までに鉄板上にうっすらと「サビ転換剤」を塗布しておきます。

 乾燥が終りましたら、本格的な張替作業の開始です。

 新品の布地を用意して裁断します。右の写真はウレタンフォームと鉄板のフチの処理についてをご理解頂くための写真です。ここはひと手間と時間を掛けて作業いたします。ウレタンフォームは鉄板端面部分まで接着剤を入れて張り込み、乾燥後に鉄板裏面と「ツラいち」になるあたりで切り取っていきます。トレーをダッシュボードに載せた時、見た目に暖かい風合いと、ダッシュ本体とトレー部分の一体感を醸し出すための工法です。

 ・・・ここで、昨日のセンターコンソールボックスはずしについて、より一層詳しく「云い訳(と云うか、のべ300台以上のビトルボをバラしてきたマイクロ・デポなりに無いアタマをシボって考えてきた、現段階における解→真実の正解であるかどうかは皆さんの御判断におまかせします。海に向かって叫びたい気持ちを抑えつつ・・・:笑)」をいたします。このあたりは従来一度も詳しくおハナシしたことが無かったと思いますので(あまりにも地味すぎるネタですから:笑)コレはちょうどいい機会ですね。

20120316092012031613

 「蓋」=ヒジ掛け部分の裏の内張りとは左の写真のようになっています。

 合計「6本」、長短2種類の皿型タッピングビスをはずして、ヒジ掛け(蓋)本体と内張り部材は分離出来ます。ヒジ掛け(蓋)を閉めた状態の時にセンターコンソールから生えたダボを「適度なクリック感」を伴って咥えるための「U字型スプリング(写真内ではフックスプリングと称しています)」がヒジ掛け(蓋)本体と内張り部材の間にハサまる様に(半フロート状態で)配置されています。

 また、右の写真にありますように、ヒジ掛け(蓋)本体はその固定板に開いた3つの孔を用いてセンターコンソール本体に「タッピングビスで」締結されています。

 ヒジ掛け(蓋)本体がセンターコンソールに取り付けられたままでは、後述いたしますように充分な開口角度が得られない場合があります。よって、この段階でヒジ掛け内張り部材をはずすコトは、再組み立ての時に必ず一旦ヒジ掛け(蓋)本体をセンターコンソールから分離して平面に置き(前述のスプリングを正確な位置に置きつつ内張りを再度組み立てるためには不可欠→その手間を省く場合にはブチルゴムなどでスプリングを仮留めする手法がよく使われていますが、たいがい周囲に除去しきれなかったブチルが附着したままになっています)内張りを取りつける手間とともに、先ほどはずしたヒジ掛け(蓋)本体のコンソールへの固定タッピングビス(3本)をも再度取り付ける手間が生じます。ヒジ掛け(蓋)本体の充分な開口角度が得られない場合には、この3本のナベ型タッピングビス(頭部の+が非常に小さい規格)を入れ直す方がよほど時間と労力が掛かってしまいます。特にひとりで作業を遂行する場合には意外と手間取るモノです。

 とにかくご理解頂きたいのは、センターコンソール本体にも、ヒジかけ各部にも、通常工業製品の組み立てに必要な「寸法精度」の概念が当てはまりにくいという部分です。各部材の接触部に「皮革」が張り巡らせてあるところが、「精度」を出せない最大要因です。化学的に製造された合成皮革とは違い、天然皮革ですから、厚みにコンマ1mm単位の製造公差を要求することは事実上出来ません。また、センターコンソールのボックス挿入用開口部の隅などは、極めて難易度の高い(云いかえれば職人芸の)技術で、熱を掛けつつ接着加工を施してあります。接着剤の部位別の塗布量や、その乾燥時の皮膜厚みは各部が当然均一になるべくもありませんので、いよいよ公差管理など無理というものです。

 部品精度が出せぬ時、登場するのが「現物合わせ(現合)」の手法でして、これは現場作業者のスキルやセンスに大きく左右されてしまう製造理念であると云えます。ここからは、想像が入りますが、センターコンソール側にも穿孔する「タッピングビス用の下穴」は、せいぜい簡単な冶具を用いての「ボール盤」もしくはハンドドリルによる加工により施されていると思われますので、特に取り付け孔の上下方向の穿孔点を、製造全数において同じ位置にキメるのは不可能と思われます。

 上の左写真で示しましたように、ヒジ掛け(蓋)内張りの後端部が引っかかって、センターコンソールボックスが抜きにくいコトはたしかに多いです。しかしながら、その場合には樹脂の薄いヘラや、下敷き状のシートをヒジ掛け内張りとセンターコンソールボックスの間のスキマにカマせるコトにより、比較的簡単に突破出来ます。既に述べました様にわざわざこの段階でヒジ掛け(蓋)内張りをはずしてしまう必要はありません。また、ヒジ掛け(蓋)内張りを留めている6本のタッピングビスを短いスタビドライバーを用いてはずそうにも、それを阻むくらいにヒジ掛けの開口角度が得られない場合も多いのです。製造時の個体差と経年後の個体差、またDIY的な手法で後天的に施された加工・材質改変・接着など、個体差すべてに対応しつつ作業の数をこなしていくにはそれなりの経験に裏打ちされた対応策があるのだというコトをご理解ください。ビトルボマセラティは地球上に「その一台きり」というわけではありませんからね。

 当ブログにおけるこういった「作業の実演」披露は、その時その時の実作業のありのままを御伝えしておりますので、DIYで同じ作業をなさろうとするノンプロの方々が参考にする場合も結果的にはありうる(それはまったく当方の本意ではありませんが)と意識しておりますので、出来るだけ「広汎に」「サービス精神で」分かりやすくご説明しているつもりです。「クドいウンチク(笑)」ととられている向きがあるのも承知で、それでも可能な限り「ナマの現場情報」や「付帯情報」を、ワタシの愛する「当店顧客」と「当店顧客予備軍」の方々にお届けするため(そもそも、ここは商用サイトのおまけブログですから→えー!そーなの?:笑)の適度なクドさを心がけております。当然意識的に「企業秘密(笑)」などと称して、時に肝心の部分をお見せしていない場合もあります。最近では、全国の「プロ」の方々から、ほぼ毎日のように技術相談のお電話が掛かってまいります。マセラティのインポーターでもディーラーでも無い当店としては、ブログにおける作業披露の「按配」はこのあたりでも及第とはして頂けないモノでしょうか。

20120316112012031610

 写真でご覧のように、今回ご説明している個体でも、湿気などによると思われる経年変化でボックス周囲の各部が張り付いてしまっていたのです。デ・トマソ時期のものは、通常すべてこういった感じです。

 このように全周がしっかりと張り付いてしまっているケースの場合、仮にヒジ掛け裏の内張り部材をはずしても簡単には出てきませんし「何の抵抗もなくスポッと抜ける」などという事例は(少なくともデ・トマソ期モデルにおいては)、メッタなことではありません。通常は見えなくなっているボックスの裏側(側面部のみ)にまでも「乾燥するとビロード状の触感になる化学的表面処理」がボックス使用面同様にわざわざ施されており、このビロード状接触面が摩擦抵抗に依存しての「ボックスの抜け」防止と、「ボックスの発するカタカタ音」の防止、組み立て時に皮革部を傷付けぬ配慮などを兼ねたモノなのであろうと考えています。

 このハナシに関連してもう一つ付け加えれば、モデル時期により、革の質と、革装裏のウレタンフォーム材の厚みに違いがあります。デ・トマソ時期のものでは、ベース部材に対して比較的ソリッドな感じで、厚めの皮を直接相手部材に接着している部分が多いのが特徴です。また、一部ウレタンフォームを入れてある部分にも極薄いものを採用している様子です。ステッチも上糸と下糸の「調子」がキツ目で、カッチリした印象です。

 一方、ギブリⅡの主に最終期のものになりますと、革質がソフトになり、ウレタンフォームは厚め、ステッチもユル目で、なんとなくダルく縫製されています。センターコンソールのみならず、ドア内張り、メータークラスター、ダッシュボード本体、そしてシートと、すべてこのタッチです。

 このあたりの触感的な違い、見た目の違いは、初めて触り比べた時から感じてはいたのですが、数をこなさないうちは「経年による違い」くらいに捉えておりました。しかしながら、ドア内張りの取っ手部材や、ドアポケット、メータークラスター等を再生する作業が続きますと、こういった違いは単なる気のせいではなく、メーカー側より意識的に改変されてきているのだなということが明確になってまいりました。

 このセンターコンソール部材においてもそう云えます。ギブリⅡ後半期のものは、ボックス挿入の開口部のステッチはユルく、開口部周辺は指で簡単に押し拡げるコトも出来るほど柔らかく、比較的に自由が利きます。周辺のウレタンフォームがしっかりしている間は、ボックスもピッタリとおさまり、再組み立て時にも「なんとなく、新車の時からこうだったんだよねー」といった「ユルい雰囲気(笑)」を醸し出し易いので助かっております。

20120316142012031612         

 最後に、ヒジ掛けの開口角度についてもおハナシしておきましょう。

 左の写真はギブリⅡのものですが、強く指先で押しつけながら撮影してもこの程度しか開かないものがある(というよりコッチが普通)のです。この樹脂の取付板部分は、見えない半分がヒジ掛け内張り部材の下に隠れていまして強固にリベット留めされています。そもそもヒンジではあるものの蝶つがいとしての「機構」はもっておらず、成型時にひと筋のミゾを形成することにより、その部分(肉厚が薄い)で屈曲するようになっています。

 コンソールボックスの蓋でもあるヒジ掛け部分が充分に開かないと、実際にCDなどの小物を入れ難いという問題が出てまいりますので、この屈曲部ミゾをあえて切ってしまうこともあります。また経年で使用頻度が高いと切れてしまうコトももちろんあります。しかしながら、この「ヒンジ板」の外側には皮革が直接張られていますので、センターコンソール本体とヒジ掛け蓋が分離することはありません。また皮肉なコトにこの状態の方が本来普通のクルマに装備されているセンターコンソールボックスに近い「蓋」の操作感となります。

 「ソレは邪道である」との突っ込みもあろうかと、ヒジ掛け(蓋)本体の取付タッピングビス位置を上げてみたコトも過去にはありましたが、大きい操作感の改善や開口部角度の拡大も見られなかったので結局元に戻しました。固定板屈曲部がせん断するギリギリまで自然に馴染ませるのが一番(なんだかなー:笑)というのが結論となりますか。

 ・・・以上、「昨日のセンターコンソールボックスはずし」についての「云い訳の数々」と「付帯ウンチクの数々」でした。コレでユルしてくださいな(笑)。

20120316152012031616 

 一方でスパイダーザガート、エンジンの方は昨日までにタイミングベルト・ウォーターポンプ・サーモスタット等などの交換作業が終わり、再始動に成功しております。

 キレイに結晶塗装した左右タペットカバーとサージタンクがエンジンルーム内を引き締めております。うーん、カッチョいい!

 来週の同車にはメインヒューズボックスのワンオフ引き替え作業が待ち受けておりますが、しばらく「本ネタ」が続いてるからなあ(コレばっかじゃ面白くないヒトもいますよね、やっぱり:笑)。

 それでは、また明日!

      

« ビトルボマセラティの内装分解工程図解(その3) | トップページ | デポにディーノがやってきた午後 »

コメント

いつもお世話になっております。
いつもいつも本当にご苦労様です。
マイクロさん仕立てのエンジンルームは本当にかっちょいーです。
その車の価値を極限まで高めています。 ありがたいことです。
もうじき寒さも終わりますので頑張って下さい。

見事なトリがらを拝見できたと思えば、こんなにもセンターコンソールボックス
はずしについて苦労話があるとは。
まさに匍匐前進の歩みそのものです。
惜しげもなく披露してくださるたこちゃんに感謝です。

それにしても仕上を剥ぐとあっちこっちにガムテープが大活躍なのですね。
肌色でなくて黒色なだけまだましとか。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビトルボマセラティの内装分解工程図解(その4):

« ビトルボマセラティの内装分解工程図解(その3) | トップページ | デポにディーノがやってきた午後 »