マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 雨の中、都内を巡る | トップページ | 思い出そうよ、手造りの心(その1) »

2012年3月 3日 (土)

これぞ「漢の(笑)」ひなまつり

 今日は、午後からは久しぶりにスッキリと晴れて、春らしく暖かな日差しが心地よい気候でしたね。商談、整備お打ち合わせ、納車と、何をするにも絶好です。朝から時間刻みの段取りで、次々とお客さんがみえてくださいました。当ブログでおなじみの「Ryo」さん、朝早くから御来店頂き、有難うございました(お土産も:笑)。

20120303012012030302

 午前中に「Yさま」にお買い上げ頂いた(有難うございました)430前期型を場内に格納。

 そして、午後の222SE(Sさん号)「吉例、納車の儀(笑)」準備を進めます。とにかく「ピアノ状態」にしないと(笑)。

 このクルマ、ずいぶんとお待たせいたしましたが、お気に召して頂けますよう、念入りにお嫁入り支度をいたします。そして、右の写真は納車時の御説明でご覧に入れた交換部品の数々(の、コレでもまだ一部なんですけどね:笑泣)。

20120303032012030304

 納車時の整備明細御説明をさせて頂いている風景。通常は、微に入り細に入り、重箱の隅をつつくように御説明させて頂くのですが、Sさんは、何と申しましても「ビトルボ系3台目」の猛者(笑)というか達人でありますから、比較的あっさり目の「納車の儀」となりました。コックピットドリルもほとんど必要ありませんでした(手抜きですみませんね:笑)。どちらかと云えば、楽しく雑談ばっかり。無事に御自宅までお帰りになって頂きましたでしょうかね。

 考えてみると、今日は、3月3日で「耳の日」で「ひなまつり」。ワタシには娘がいませんし、子供の頃も男所帯で「ひなまつり」には縁遠かったのですが、今日一日は表題通り「漢(オトコ)のひなまつり」ということにしておくことにいたしましょう。さっそく帰って、一杯ヤロ。

 オトコノコ、40になっても、50になっても、オトコノコ(字余り:笑)。

・・・今週は、チト疲れたので、あしたの日曜日はゆっくりしよ。では、また来週! 

« 雨の中、都内を巡る | トップページ | 思い出そうよ、手造りの心(その1) »

コメント

この222SEは素晴らしかった。
本日、帰り際にこのSEの美しさに見とれてしまい、ついつい社長と話し込んでしまいました。
内外装ともに「黒」というところが本当に渋い。
外装が黒ならば内装はアイボリーをリクエストしまいがちなところを敢えてシックな黒の内装としたところが本当に渋い。上級者のビトルボ、大人のビトルボです。
そして、デトマソ系の奇跡的なデザインはエッジの効いた巧妙なプレスラインであり、エッジを効かせる事であらゆる角度から見てもプレスラインが眩く輝き、シルエットを精悍なクサビ型に引き締める。このプレスラインの輝きを最も際立たせる漆黒の外装色が素晴らしい。宝石のような輝きを放っておりました。
光と影の強烈なコントラストは天才ジャズピアニスト、バド・パウエルの演奏する「イエスタデイズ」(注・ビートルズの曲ではありません)を連想させてくれました。

最後の文字、久々に「コノハノコ(木の葉のこ)」を思い出しました(笑)。
カルビーポテトチップスのCMが懐かしい。

Sさん(=いつかはシャマルさんですよね?)、納車おめでとうございます。

↑↑「Ryo」さん、無事お帰りになりましたか。今日はわざわざ早起きでお越しくださり有難うございました。

↑「Wさま」さん、今思うと「木の葉のこ」可愛かったですね。なんかヒジョーに1980年な感じのする方でした。

追補:茶巾ずしと、ハマグリの潮汁で「ひなまつりディナー」ヤリましたよ(笑)。

はい、今日222SEを頂いたのは私です。
Wさまさんお祝いのお言葉を有難うございます。

たこちゃんさん、
お陰様で無事に帰宅しております。

マイクロデポの皆様、
今回も本当に有難うございました。
A4用紙4枚にわたる作業明細書が
すべてを物語っています。
毎度の事ながら、すごい! の一言です。

Ryoさんの美しいコメントをはじめ、
多くの皆さんが共感してくださったように、
このSEは素晴らしいと思います。
自分でいうのもなんですが。

いつも、マイクロデポからクルマを頂くと、
そこに掛けられた愛情の深さを知るがゆえに、
購入した、というよりも、
「お預かりしている」という気分になります。
次のオーナーに無事にバトンを渡さねば…と。
しかし今回は、嫁にもらった、
という実感があります(笑)
生涯の伴侶になるような予感が…

さて、実は今日、珍しくまだ酒を飲んでいません。
これから、SEと夜の海でも見に行って参ります。
なんせ新婚初夜ですから…

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これぞ「漢の(笑)」ひなまつり:

« 雨の中、都内を巡る | トップページ | 思い出そうよ、手造りの心(その1) »