マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« Nostalgic2daysに行ってみたヨ(その3:完結篇) | トップページ | 雨の中、都内を巡る »

2012年3月 1日 (木)

普通のイタ車でも、やっぱカッチョいいと思うよ

 もう、昨日の雪かきのおかげで、今日になったら腕がプルプルです(トシあるね:笑)。というわけで、今日はちょっと「小ネタ」でお送りします。歴代のFiat車が登場するコマーシャル(音出ます、ご注意を)http://www.youtube.com/watch?v=sE0eIV-u1GMを発見しましたので、コレのご紹介をば。 

 フィアットは、現在でもイタリアの重工業に君臨する存在。今現在、イタリアに現存する銘柄ではランボルギーニ以外のすべてを傘下に据え、相変わらず「イタ車界」のリーダーシップを取り続けています。企業としての歴史も非常に古く、自動車史を語る上では欠かせない存在です。動画投稿者の方は、現在のフィアットがお気に召さない様子(笑)ですが、どうして、現在でもなかなか面白いクルマを安価に送り出してくるユニークなメーカーだと思います。

 ワタシは思う。どーしても、旧いマセラティやフェラーリに「ご購入予算」や「維持コスト」が理由で手が出ないという方は、キチンとした新旧のフィアットを手に入れてみてほしいと。ここで、アルファロメオやランチアにイカないというところがキモ(笑)なんです。人気の「500」以外でも、「グランデプント」とか「ニューパンダ」とか、どれも信頼性が高くてお奨めです。当ブログ読者のどなた様も「思い立ったら」ワタシたちマイクロ・デポにご相談ください。お待ちしておりますよ!「キチンと乗れるイタ車を持つ暮らし」で人生を楽しみ抜いてくださいね。

« Nostalgic2daysに行ってみたヨ(その3:完結篇) | トップページ | 雨の中、都内を巡る »

コメント

たこちゃんのおっしゃるとおりですね。

グランデプントは登場当初
「3200GTをぶった切ったスタイル(失礼:笑)」
位しか思っていませんでしたが、乗ってみるととてもいい。
おまけにさすがジウジアーロ、噛めば噛むほど(=見れば見るほど)
いいデザイン、スルメみたいなクルマです。
そして中古車はお求め安い価格。
ニューパンダ含め「素」で乗りたいですね。

車の魅力とは何か、というところに思い致す奥深いCMですね。単純に次何が出てくるかわくわくしますが。

個人的には(無いものねだり好きなもので)ニューパンダに2気筒とかディーゼルが乗っているやつ(無論MTで)が入ってくると良いなあと思ったりしています。(500の2気筒は椅子がどうしても好きになれない)
あとタイトル見て、普通のイタ車=フィアットということで、ついテムプラとかレガータを連想してしまいました。

ニューパンダ(もうすぐNewニューパンダが出ちゃうけど)いいですよぉ!
デュアロジックのローの発進さえ慣れてしまえば問題なしです。
訳あって現行アルトラパンから乗り換えましたがシアワセです。
ファミリーなら一回り大きいグランデプントがおススメです。(お買い得感大)
荷物が載らなきゃ屋根に積めばいいし、小さなカーゴトレーラと言う手もあるし、はてまたヒッチメンバーをつければその上に取り付ける荷台もTHULE社から出ています。欧米のクルマ文化は本当に懐が深いです。

フィアットは好きですよ。500のデザインは素晴らしい。内装はポップな感じがしますが。欲しいクルマのひとつです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通のイタ車でも、やっぱカッチョいいと思うよ:

« Nostalgic2daysに行ってみたヨ(その3:完結篇) | トップページ | 雨の中、都内を巡る »