マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 夜桜見物の友 | トップページ | ドアの中身を取り出してみる »

2012年4月 9日 (月)

マルチェロ・ガンディーニ先生の有難いお話

 今日は、とっても暖かな一日でした。ここまで急に気温が上がってくると、いまだ「冬モード」のカラダの方が付いていけずに、かえってコシの具合がわるくなったりして、まぁ、難儀なモンです。

 そのような中、屋外での「坐り」仕事を一日中やっておりましたら、なんだか手の指先までシビれてまいりましたので、今日はちょっと「小ネタ」とさせて頂きます。 

 実は、このネタはずいぶん前からいつかやろうと思っていたのですが、皆さんすでにご存知かなと思いまして、わざわざここでご紹介するのを憚っておりましたが・・・。アレッサンドロ・デ・トマゾさんとマルチェロ・ガンディーニ先生の肉声が聞ける動画を発見(音出ます、御注意あれ:日本語字幕付き)いたしました(今更ながら:笑)。

 この動画の最後に出てくる、ダンディーなガンディーニ先生がマセラティシャマルを評したお言葉、「この車は「カリフ」をベースにした車で全く新しいスタイルではありません」・・・常日頃、ワタシが力説してきたコトを御本人が御認めであります(あー、良かった:笑)。

 マセラティは選り好みをせずとも、どのモデルも名門の出。無理をなさらず、ご予算の範囲内で充分にお楽しみ頂けるモデルをお選び頂きたいと念願しております。それぞれが、その魅力を最大限発揮していけるようにワタシたちも懸命の調整をしておりますゆえ。マセラティはソレらしく使用することによって、その魅力を何倍にも輝かせてくれる「宝石」のようなクルマです。よって、その価値が御理解頂けるお客さんにこそお納めしたいなぁ。小ネタで失礼いたしました。

 それでは、また明日!

« 夜桜見物の友 | トップページ | ドアの中身を取り出してみる »

コメント

今日は最早温暖化?というくらいの暖かさでしたね。
こういう日にのんびり窓を開けて(屋根は開かないので)、景色眺めながらたらたら走るのも好きなんですよね。それもまた楽しめるクルマであればこそ、ですが。

この動画は素敵ですね。シャマルはカッコいいじゃないですか。ガンディーニ自身も渋い。そして、シャマルはカリフをベースに、全く新しいスタイルでは無い、と言い切ってきれる事は嬉しいではないですか。
ビトルボ系って本当に素晴らしい。

手の指先がシビれての更新、恐れ入ります。
おかげでいい「小ネタ」拝見できました。

「ご予算の範囲内で充分にお楽しみ頂けるモデルをお選び頂きたい」
これもまた楽しみのひとつですね。

別にありがたくなんかぁないけど、シャマルやマセラティの画像はあるだけでうれしくなる。
デトマソはダンディだねえ。まだこの頃は元気だったんだね。

この動画,冒頭の「ワンレンボディコン」が好きですwww

あっ、実は僕も大好きです。ヽ(´▽`)/

↑↑&↑、バブルやねぇー(笑)。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルチェロ・ガンディーニ先生の有難いお話:

« 夜桜見物の友 | トップページ | ドアの中身を取り出してみる »