マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

無料ブログはココログ

« やっぱ、降ってきたみたい(泣) | トップページ | 連休直前の一日。 »

2012年4月25日 (水)

ウチのギブリのインプレッション記事は如何に

 はいはい、結局今日も夕方から雨になってしまいました。もー、どうにでもして(笑)。ここのところは、少しでも「雨が降っていない」時間をどうにかチョットずつ繋ぎ合わせて前進を続けております。明日も5時起床で5時半から作業開始です。天気は・・・まあ、ダメだろな、きっと。

 ところで、先日フリました、当店在庫車のマセラティギブリのインプレッション記事を書いてくださった「重鎮の自動車評論家さん」なんですが、本日ここでご紹介いたしましょう。元カーグラフィック誌編集長(2代目)で、フォーミュラー1やF3000のテレビ解説でおなじみの「クマさん」こと「熊倉重春」さんでありました。取材依頼のおハナシが来たときは、当初忙しいし、クルマ痛むのイヤなので御断りしようカナと不埒にも考えておりましたが、「熊倉重春さんがいらっしゃいますから・・・」と制作会社の方が云うやいなや、0.2秒で(笑)考えを翻し、「何時が御都合よろしいですか?」と答えるゲンキンなワタシ。

2012042505


 取材が終わったあとに、無理にお願いして店舗前でのツーショット写真を撮影してもらいました。カーグラフィック誌の編集長をされていたくらいの方ですから、ちょっと気難しい方だったらどーしよーと結構気を揉んでいたのですが、拍子抜けするほど腰の低い方で安心しました。

 しかしながら、この写真、ワタシがいつになく引きつっているとは思いませんか(笑)。やはりキンチョーしていたのが分かりますね。意外と小心者のワタシ。

20120425012012042502

20120425032012042504

 で、本日出来てきた記事がコレ。「GooWorld」誌の今月末発売号に掲載されるようです。

 インプレ当日は2時間ほど貸し出しをいたしまして、どこかで写真を撮ったりしていたようなのですが、ギブリを運転して、デポに御帰りになった「クマさん」先生は、開口一番「こりゃーもう、中古車というより新車ですね」と仰ってくださいました。いくばくかのリップサービスも入ってるのかなとは思っておりましたが、この記事中にも「かつてモデナ(マセラティ本社)で乗った新車試乗車と変わらない(要旨抜粋)」と書いてくださっております。

 実は、我々三兄弟といたしましては、「いやー、コレでもまだまだ当店が納車するにあたっての”ツメどころ”は沢山残ってるんだけどなぁ」といった感じなので、却って申し訳ないくらいです。ともあれ、ご興味のある方は今月末発売の本誌をぜひお買い求めになってください。

 ・・・で、だいたいにおいて、この素晴らしいコンディションのギブリ、どーしてなかなか売れないのかと、ワタシも不思議でなりません(そう思ってらっしゃる方も多いと思いますが・・・)。この期に及んで「外装色」を仰る方が多くて些か閉口気味(泣笑)。このレベル、どこにもそうそうありませんのに。本当に心からギブリを欲し、このマシンの価値をお分かりになって頂ける方にこそお納めしたい逸品ではあります。どなたかホンキの方、手を挙げてくださいませんでしょうか。

 さぁ、今日こそは早く寝よ。それでは、また明日!

« やっぱ、降ってきたみたい(泣) | トップページ | 連休直前の一日。 »

コメント

熊倉さん、大好きです!!
あんまり興味のない車種でも、この方の記事なら読む!!っていうジャーナリストが何人かいますが、熊倉さんはそのうちの1人です(*^^*)

色ですか。。。まぁ、コダワリは人それぞれですけど、ぼくはカッコイイと思いますけどね。選べるものならショッキングピンクとかがいいですけど(苦笑)
でも、あのときのたこちゃんさんの一言目、「色は言うなよっ!!」は鮮明に覚えてます。出てきたのが好みの色でラッキーでしたけど、鉄則を教えてもらったと思ってます(^^ゞ

記事本文の補足をコッソリと(笑)。記事中に「2+2というより2シーター」とありますが、ギブリの場合、はっきり云って5人乗り登録のしっかりした4シーター車です。(大柄な方でなければ)後部シート中央のヒジ掛けを出した状態で大人4人きちんと乗るコトが可能です。また6速MTは「ZFまたはゲトラグ製」とありますが、基本的に5速車も6速車も全数ゲトラークだとおもいます。ひょっとすると極々初期のモデルや一部の本国仕様車にZFミッション車が存在する可能性も否定出来ないのではありますが・・・先生もおそらく発表当時のプレスキットなどを参照して記述されているものと思われます。

この色、何でダメなの???

某ハードボイルド小説家の先生の家の前にプライスタグつけておいておいたら買ってくれるかも(うそです)

私も色命!みたいなところあるんですが、ビトルボ系に限ってはオリジナル色ならば、こだわりません。だって今このようなクルマで走って楽しめるだけでうれしいじゃないですか。

今の愛車は黒ですが、実は過去、黒のクルマで死んでいてもおかしくないような事故に遭っています(二度も)。そんなわけで今まで黒は鬼門だったのですが、現在のマシンに対しては「色はまぁいいか、結局死んでないし」とポジティブに心の微調整をいたしました。

久々のビトルボ系インプレッション、楽しみにしています。

黒ギブリ、渋くていいと思いますが。
やはり「らしい」方に決めていただけると嬉しいですね。

週末にかけて雨脚強くなりそうですが、メゲずに
頑張ってください。

エクステリアがショッキングピンク(この発想すごい)なら、インテリアは思い切って補色でダークグリーンとかにしてみたいです。

さておき黒ギブリ、右から左かと思っていましたが…。までも私も色とトランスミッションにこだわって選んでしまいましたから、ヒトのことは云えませんが、でも「あれ」が私にはジャストフィットなんですよね、いいわあのエンジンにMT…。

クールでデザインとよく合う色だとおもいますが。雑誌が出たら、たちまち手がいくつも挙がるんじゃないでしょうか。わたしは黒は今回が初めてです。白赤赤白紺黄青、と脈絡のない色選びの末、ようやく大人の黒にたどり着きました。

色も重要です。でも、商談が破談となる理由が色では確かに悲しい。だって、そのコンディションの個体ななかなか見つかりませんよね。

ギブリも一応考えたんです。
でも価格が…ね。
それに、昔のミニならまわりから後ろ指さされないだろうし。
まあ、さされてもどおってことないんですけど。
ちょっと派手なのがありますし。
ギブリはいい車だった。
本当に楽しい、誇らしい、素敵な車でした。
こんなの、すぐに売約になると思ってたんだけど。
わかってないなぁ、みんな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1260322/45023143

この記事へのトラックバック一覧です: ウチのギブリのインプレッション記事は如何に:

« やっぱ、降ってきたみたい(泣) | トップページ | 連休直前の一日。 »