マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 光陰矢の如し・・・云い得て妙ダネ(笑) | トップページ | マセラティシャマルのリア周り内装と戯れる(その3) »

2012年7月23日 (月)

成増に「昭和」を感じた午後

 ひょー!今日は涼しかったの朝の9時まで。その後はぐんぐん気温急上昇!常に気合を入れてないとアタマが朦朧としてまいります。皆さんもお気を付けくださいね。

 さて昨日の日曜日、久しぶりに午前中いっぱいは完全にブッ倒れて(笑)おりました、ワタシこと”たこちゃん”。曇り空ですが、なんとか雨は上がっている様子なので、午後のひと時に「たこ散歩」を敢行しようと云うコトになりました。そう云えば、この頃クルマの中でフン張っているか、家に帰ればブッ倒れてるかのどちらかで、長距離を歩くコトがほとんどありません。今日はちょっとカラダをほぐしておきましょうね。

20120723012012072302_2 まずは徒歩なので、通常のバス通りを歩くとなんだかエライ遠回りになってしまうような気がいたします。 

 あっ、そうそう、今日は一路「成増駅の向こう側」をとりあえず目指しています。

 我が母校、「都立光丘高校」の裏側の住宅街を歩きました。あー、この運動場の景色は久しぶりに見たケド、30年前と全然変わってないですね。胸の中に「甘酸っぱい(単に胃酸過多なのか?:笑)」青春が甦るようです。さらに成増を目指して歩くと、おお、高校の帰りがけに「ペプシコーラ300mlビン」や「チェリオ」を一気飲みしていた駄菓子屋兼文房具屋さんの建物が現存しております。コレまた懐かしいコト(まっ、ここは試乗コースでよく走るところなので、ココが残ってるのは知ってたんですけどね:笑)。何にしても、しげしげと眺めるのは久しぶりです。

2012072303_22012072304 ブラブラと40分程も歩いたでしょうか、東武東上線の成増駅に到着いたしました。駅入り口の二軒隣には、いとおしい「築地銀だこ」があります。たこちゃんヨメはここのカードにハンコを押してもらうのが、なによりの楽しみです。

 さっそく、オーソドックスな「スタンダードタイプのたこ焼き」をオーダーいたしました。駅の反対側まで行きますとベンチがありましたので、ソコに座ってイタダキます。お伴は「サントリー金麦」でありますヨ(笑)。

2012072305_22012072306_2 成増駅の反対側に出て、テクテクと歩きます。ホントにこんなところに「ソコ」はあるのかと心配になる頃に・・・ようやく見つけました。

 「重盛の人形焼」と看板にあります。「水天宮前の本店仕様」(笑)を地元「中央区のT」さんから先日お土産に頂きまして、「こんなに美味い人形焼は初めて喰った!」と感動したワタシたち夫婦が、その包装紙に暖簾分けした支店を探しますと、なんと成増にもあるというので早速訪ねてみたというワケでした。

20120723072012072308 「ごめんくださーい!」と大声で呼ぶコト数回で、店主のおぢーちゃんが出てきてくれました。

 人形焼(一個80円)とカステラ(といっても、人形焼の皮の材料を型に入れて焼いたアンコ抜きのもの:5個でたったの55円!!)を頼むと、おぢーちゃんは衛生的な薄手の手袋をして、袋にはタグを入れた上で丁寧にパッキングをされていました。支払いは総額で400円にも満たないのに流石は老舗という感じです。「食べログ」とか云うグルメサイトで店舗写真を見ると、店が旧い佇まいなために写真から受ける印象が今一つである上に、不当とも思える酷い点数を付けているヒトがお一人(その他の方々は好印象・高得点であるにもかかわらず)いるので総合点が低く表示されてしまっています。老夫婦が早起きして一生懸命に(しかも決して人通りが多くない場所で)小商いを続けていらっしゃるのですから、ワタシなどはそれだけでも尊敬に値すると思いますが、どうしてもっと暖かい眼差しで見てあげるコトが出来ないのでありましょうかね。確かに店舗は旧いし場所も不便ではありますが、店内は小綺麗にしてあり極めて衛生的で真面目な印象を受けました。ガンバレ!働くおぢーちゃん、おばーちゃん。

20120723092012072310_2 駅に戻ってまいりますと、周辺にはまだまだ「シブい昭和の物件」を見つけるコトが出来ますね。

 酒屋さんの看板、イイ味が出まくっております。

 川越街道に出ますと、1970年代テイストが横溢するマンションを発見。しかしながら、どうも入居者はすでにほとんどいない様子で、近々建て替えられてしまいそうな雰囲気でした。残念ではあるな。

2012072311_22012072312 「うー、確かムカシこのあたりに気合いの入ったプラモ屋さんがあったハズ」という記憶を頼りに周辺を徘徊いたしますと・・・あー、あったあった!

 プラモも鉄道模型もやってる昔ながらの「模型店」です。「タミヤの二つ星看板」もしっかりと掲げています。嬉しいな、こういった市井のお店がこのご時世に頑張ってくれているというのは。

20120723132012072314 ショーウインドー内の雑多さがまたイイのであります。五重塔とクラッシックカーとオートバイと鉄道模型レイアウト・・・このカオスこそプラモデルの世界そのものと云えましょう。

 素晴らしい出来栄えの「セイバー機」をアップで撮影して家路につくといたしましょう。「えっ?このお店では何も買ってアゲないの?」って・・・ほれ、ヨメが袖を引っ張ってズルズルと引き離され・・・「わーーーーー!(笑泣)」

20120723152012072316_2 米屋さんでしょうかね。今日は日曜日でお休みの様ですが、普段はきっと盛業中なのでしょう。なかなかイイ感じの昭和物件です。

 旭町の裏通りには、まだまだこういった下町的情緒が残っております。商店街からははずれて、ひっそりと営業している八百屋さんには、近所のおばーちゃんが買い物に来て、店主のおっさんと景気良く語らっておられました。コミュニケーションのある小商いっていいな、やっぱり。

2012072317_22012072318 真夏に近づいているコトを知らせる「ひまわり」をあちらこちらで見ました。

 そんなところに、このようなポスターが。いかにも手造りイベントっぽい手書きも嬉しいです。今日もやってるんだー、ドコに行けばいいのかなー。向山というのは、練馬区旭町に接する埼玉県和光市白子あたりのムカシの地名の名残だと思われますが・・・。

2012072319_22012072320_2 住宅街の路地を歩いていると、ソレは突然あらわれました。おー、やってるやってる。

 ・・・すわ、焼そばに生ビール!と勇んで突入いたしましたら、「模擬店は3時半からの営業です!」との場内アナウンスが。時計を見るとまだ2時40分くらい。この暑い中でハラをすかして小一時間待つのもしのびないなぁ。

 スピーカーからは、なぜか景気良く「365歩のマーチ」が「しんあわせわー(んにゃ)あ、あるいてこない、だーあからあるいていくんだネっ!」と流れており、気分はいやが上にも盛り上がっているのですが、後ろ髪をヒカれつつもおとなしく帰るコトにしました。また今度ね。

20120723212012072322 さて、家に持ちかえってきた「重盛の人形焼」ですが、「本店仕様と暖簾分け成増仕様」を比較してみました。

 左が本店仕様で右が成増仕様です。

 本店仕様は皮が全体的にウスく、アンコがミッチリと詰まっているのが分かります。一方の成増仕様は側面の皮が厚く、オモテウラの表面部分はほとんど皮が無いというほどにウスいです。

2012072323 そして、こちらが全体の外観です。左が本店、右が成増。写真ではボリューム感が今一つ分かりにくいのですが、本店仕様はふた口で食べる感じの重量感。成増仕様は丸ごとひと口でどうぞといった感じ。

 皮だけ、アンコだけとそれぞれをニャンニャン食べ比べしてみましたが、基本的には同一の味だと思います。本店の方は御贈答にどうぞといった本格派(単価が全然違います:笑)。成増の方は、普段のおやつにパクパクどうぞというノリで庶民派といった風情かな。いずれにしても素晴らしく美味しい人形焼でした。ヨメも「中央区のT」さんに感謝しておりましたよ。このサッパリとしてコクのある「重盛の人形焼」がクセになったそうなので、また成増まで自転車漕いで買いに行くそうです(笑)。

 それじゃー、また明日!

« 光陰矢の如し・・・云い得て妙ダネ(笑) | トップページ | マセラティシャマルのリア周り内装と戯れる(その3) »

コメント

成増、懐かしい響きです。
光が丘がまだ無い昔、春日町から一番近い「街」は成増でした。
現在のダイエーの場所に高島屋ストアーがありました。
そこの何階かにお好み食堂があり(喫茶店だったのかも)よく母に連れて行ってもらいアイスクリームを食べたのを覚えています。
バブル崩壊後ダイエーは本社機能の一部を移転したこともありました。

模型店はわかるのですが、人形焼は知らなかったなぁ・・・

向山と言う地名は春日町の隣にもありますね。和光市はその昔大和町という地名でした。白子川から大和町に向かう坂(川越街道の新道も旧道も坂になっています。)のあたりでしょうか?

お祭りは何となく浮き浮きしますね。
春日町の春日神社も9/8(土)9(日)とお祭りがあります。
よろしければ見物に来てください。


理想的な休日の過ごし方です。
昨日の関東は涼しかったので、サクサク歩けて気持ち良かったことと思います。

「そうだ、成増に行こう」ですね(笑)。

日曜日は、確かに涼しく、お散歩日和でした。私の休日と違いエコで、ほのぼのとする散歩ですね。今週は、これから散歩できない熱帯夜が来るようで、困りものです。なんとか1日遅れでコメ入れられました(笑)。

成増、かろうじて土地勘のあるところです。でも駅周辺の小さなお店を訪ね歩いたことはありませんでした。「おくりものにたばこ」の看板、素敵ですね。銘柄がやたら細分化したいま、相手の好みを的確に覚えていないと「おくりもの」は難しそうです。人形焼の「重盛」は何なんでしょうか? お店の名前は違うようだし、まさか大河ドラマに出てくるあの人? 「登録商標ゼイタク煎餅」も気になります。どうゼイタクなんだろう。今度歩いてみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成増に「昭和」を感じた午後:

« 光陰矢の如し・・・云い得て妙ダネ(笑) | トップページ | マセラティシャマルのリア周り内装と戯れる(その3) »