マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 盆踊り会場には何故鳥居があったのか? | トップページ | 真夏、色々な意味で”アツい”のよ、練馬は »

2012年8月 6日 (月)

マセラティ222SRの内装を組み立てる(その2)

 そりゃそーと、昨日の「日曜スペシャル(笑)」には、意外にもたくさんのコメントを賜り有難うございました。皆さんが日曜日にまで「こんな番外地ブログ(泣)」をチェックしてくださっているのが分かり、なんだか申し訳ない様な気持ちで一杯です。今さらながら、ホントに感謝いたしております。

 ところで、タマには、ああいった「ちょっとアカデミックなネタ」もいいモンでしょ。なんでも「?」と思うキッカケがあれば、色々と調べに行って、これまでの人生では預かり知らなかったコトもそこで初めて知るに及び、「ちょっとだけお利口に」なった気分を味わうのも、また、イイものです。50を目前にしても知らないコトはまだまだありますね(単にワタシが”浅学の徒”であるだけなのかもしれないですが:泣笑)。

 さて、そんな充実の日曜日を終え、月曜日の今日も早朝から勇んで出勤、早速作業に取りかかりましたら・・・あぁ、無情の雨がポツポツと、ソレがそのうち「ざっぱ、ざっぱ(笑)」になり、クルマを中にイレて、出来得る作業を行なっております。で、その後の雨は上がったり下がったり(笑)。

20120806012012080602 さあ、今日も元気よく「ドア内部」を洗いましょう!洗剤を掛けて、細部を歯ブラシで攻撃いたします。

 特に右写真にあります底面の外側サイドは雨水の通り道になるところですので、念入りに掃除します。水流で何度も洗い流し、泥汚れ、油汚れを一旦キレイに除去いたします。

20120806032012080604 今度はエアツールを用いて水分をトバしていきます。隅っこの方は特に丁寧に作業を行ない、残留水分が出来るだけ無い様にいたします。

 乾燥したら、サビ転換剤を各要所に塗布していきます。いつもながら絵に描いたように地味極まる作業です。だけど、やっておけば後顧の憂いも無しでしょう(とひたすら信じて・・・ホントか?:笑)。

20120806052012080606_2 色々な部材が「乾き待ち」になった上、天候もおかしくなってしまいましたので、ちょっと寄り道を。

 「内装」ではありませんで、前後のウインドーシールド周りの「水あか」落としです。

 どのようにボディを磨き上げても、こういったところを残しておくと、「経年感」が滲み出てきてしまいます。これは、カッターナイフの刃か、両刃カミソリの刃を直接つまんで、スクレーパーとして使います。5年落ち程度までのクルマですと、結構簡単にあれよあれよと美しく仕上がりますが、お相手が20年選手(笑)ともなりますと、そうそう楽ではありません。黙々と作業しても一枚あたり90分は掛かります(オレ、こんなコトやってていいのか:笑泣)。

20120806072012080608_2 エンジンルーム周辺とフロントバルクヘッド内の諸々を洗浄して、さらにツヤを出し、完成形へと仕上げてまいります。

 左の写真の「ナンバリング」は右の写真のソレに対応させてあります。それぞれの取り付け位置がココだよ、というハナシです。「ところで、あれーぇ?コレも”内装”ぢゃ無いじゃん」・・・仰せの通りでございます(笑泣)。午後からはあまりにも破天荒に「蒸していて」、湿度20,000%(笑)!デポ場内に置いてある222SRの室内に滞在(?)するコトが著しい体力の消耗原因になると判断しての処置であります。お昼過ぎ頃に車内でETCの配線やってたら、空腹も相まってか一瞬「トビ」そうになりましたモンで(この際そのままイッてみるのも、また一興だったりして:笑)。

 それじゃー、また明日!お互い無事ならまたここで相見えましょうね(笑)。・・・寝る!!

« 盆踊り会場には何故鳥居があったのか? | トップページ | 真夏、色々な意味で”アツい”のよ、練馬は »

コメント

ウインドウシール廻りの水垢落とし!微に入り細に入る執念には毎度頭が下がりますが、…いや確かにディテールの積み重ねこそであります。
でも本当にはトバないでくださいね。お願いですから。

暑い中、ごくろうさんです(ってこればっか)。近頃朝日と共に目覚めるので、夜はブログチェックが疎かになっております。
昨日子供のサッカーに出掛けたところ、駐車場の異常とも思われる「ぽっこり、減速コブ」に気が付いたら乗り上げ、ドスン!とシャシーに衝撃が、、、なんであんなにコブを盛ったのか、理解に苦しむなー、後ほど点検したところステアリング、オイルパンは大丈夫そうでした、多分センターマフラーあたりか?、気をつけなきゃイカンね。
夏休みまであとちょっとがんばって下さい。

ウインドウ1枚の水あか落としにカッターナイフで90分! これまた匍匐前進の極みですね。でも窓の汚れ、見ても乗っても確かに気になります。この季節はエアコンかけると窓が曇り、いい加減な窓拭きの痕跡が浮かび上がって恥ずかしい思いをしたりもします。
それにしても、トバないでください、わたしからもお願いします。寸止めで休憩と水分補給を。とにかく倒れずに夏休みへなだれ込みましょうよ!

本日も蒸し暑い中、お疲れ様です。
1枚目の222SRのホイール、ピカピカでカッコイイです。
2枚目の写真、「オイッチニー、オイッチニー」と聞こえてきそうです。
やなり腹が据わっていないとここまできない。
地味だけど、素晴しい匍匐作業です。


ウインドーシール周りの水垢落としも根性と集中力のなせるワザ。デポなら作業時間90分でも、他の人が行えば倍以上かかるのでは。あるいは仕上がる前に挫折するかも。

雨が降っても湿度が上がって、不快指数も上昇!困りもんです。風が吹いてくれると良いんですけどね。今日もまた暑くなりそうです。あと5日ですから、もう少しです。ウインドシール周りは、汚れがたまって嫌なところです。単に拭いただけでは取れません。カッターナイフで、汚れ落しとは、恐れ入谷の鬼子母神(って古過ぎ)!!とにかく超絶です、ハイ!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マセラティ222SRの内装を組み立てる(その2):

« 盆踊り会場には何故鳥居があったのか? | トップページ | 真夏、色々な意味で”アツい”のよ、練馬は »