マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 漢の”底擦り”(笑) | トップページ | ”謎の車”、ついに降臨 »

2012年10月12日 (金)

マセラティギブリの内装を集中分解(笑)

 ほぐほぐ・・・んっ、ああ、噛める噛めるよ(只今コイケヤ”のり塩”試食のひと時:喜)サクサクと。いやー、7月のはじめくらいから、左上顎の奥歯に掛かる「ブリッジ3本セット」が”パフパフ”と動いてしまうようになり、かといって、人為的にハズそうとすると一番奥で隣接している歯がうまい具合に引っ掛かり、ビミョーにトレない。で、トレないのをいいことに、「まっ、いっかー」でこれまで過ごしていたのですが、昨日の夜、発泡酒飲みながら「コイケヤ”のり塩”」喰ってたら、「はぽっ」っと完全にトレちゃいました。・・・コレにはまいった。もう、こうなると咀嚼はほとんど不可能であります。右上顎の犬歯も一週間くらいまえに、スパゲッティを食しておりましたら、あっけなく崩壊してしまっていたモノですから(泣)。

20121012012012101202 朝の7時半に近所の笹目通りに出て”西武バス”に乗り、一路練馬駅周辺を目指します。”練馬区役所前入り口”というビミョーな名前の停留所で降りまして、豊島園方面に歩いて行きました。

 勢い余り、早く着き過ぎちゃって(泣)、歯医者さんの周辺をしばらく散策いたしました。前々から気になっていたスポット「十一ヶ寺」というのがありまして、その界隈を歩き廻ると結構イイ気分になってまいりました。歯の方もとりあえずは無事に治りまして、意気揚々と出勤するコトが出来ました。「さあ、今日は徹底的にヤルぞー!」

20121012032012101204 昼食を摂り、午後になると、奥歯にもようやくチカラが入れられるようになったので、気合いを入れて作業に邁進いたしましょう。

 お待たせしております「福岡のTさま」のマセラティギブリ 、今日は内装を一気に降ろして、リフトに乗せるまでの工程を夕方までに完遂していきたいと思います。ヒーターケースのリビルド作業と、エンジン整備を明日より同時上映(笑)で行なうために、このような段取りにいたしました。フロントバルクヘッド内にあるワイパーユニット等々の御馴染の面々を次々とはずしてまいります。右の写真に映る室内側からの4本のボルト(ダッシュボード裏側から出ている)に掛かったロックナットをはずすためです。この写真ではすでにロックナットがはずれている状態です。

20121012052012101206 左右のシートやドア内張りトリムは取り外し、カーペットや、フロアインシュレーター等の床材までも降ろしました。

 相変わらず、マセラティギブリのダッシュボード降ろし作業は工程数が多い上に、エンジン側やボディ側からめぐってきている複雑なワイヤリングハーネスがダッシュボード裏にそのまま付いてくるハーネスと特殊なカプラーで締結されており、ソレらひとつひとつをチェックしながら分離していく作業を長時間寝っ転がりながらヤリますので、気が遠くなってまいります。帰宅すると(今現在のコト:笑)さすがに目は”しばしば”、腕も指先も”プルプル”、腰は”ヘコヘコ”としております。それでも「明日も頑張ろう!おー!!」の気慨ダケはあるんですけどねー(気持ちだけは若いつもりなんだけど・・・イヤもう、ホントに老眼にはマイる:笑泣)。拳を上げて、前進、前進、また前進だぁ!

 それじゃー、また明日。

« 漢の”底擦り”(笑) | トップページ | ”謎の車”、ついに降臨 »

コメント

美しい。
3200GT以降には無い美点がそこかしこに溢れている。
ましてやデポが自信を持って仕上げたギブリ。
美しくて当然か。
またギブリも欲しくなってしまう。

コイケヤ、噛みしめサイコーですね。ギブリってどんな感じなんでしょう?、かなり洗練されているのでしょうか?、乗ってみたい一台です。

一日で内装が降りてしまうって、毎度のことですがスゴイですね(汗)
いつも、「匍匐前進」とおっしゃっていますが、ぼくからすると猛ダッシュでイスカンダルまで走って行ってるように思います。地道にという意味だと思うのですが、決して歩みが遅いということではないというイメージで(笑)

おおギブリ。
雪が降り始める前に、もう一度山のほうに走りに行きたいなあ。

十一ヶ寺の写真、いい雰囲気です。
そして、リンク先も奥が深いと思いました。

一方でギブリ、内装ハゲタカですか。
はっと見「内装は手を入れなくて十分」と思っていたのですが、やはり
徹底的に仕上げるのがマイクロ・デポ社の真骨頂。
仕上がりが楽しみです。

私もかつてはギブラー(ギブリオーナーの造語)に憧れを抱いておりました。やはりギブリは素敵です。私もギブりたい。皆さんもどうぞギブっちゃってください。
ああ、こんな発言をすると原理主義者に叱られます。反省!

 ハンドルネームの割りに、練馬区の端っこに住んでいて、ほとんど練馬区を知らないので、豊島園近くに、お寺の集まりがあったんですね。今度愛機で写真撮影してこようかな。
 ギブリの超絶仕上げが始まりました。オーナーさんブログに釘付けですね。。。 老眼鏡を買いましょう!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マセラティギブリの内装を集中分解(笑):

« 漢の”底擦り”(笑) | トップページ | ”謎の車”、ついに降臨 »