マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティギブリの下周りを詳解する | トップページ | マセラティクアトロポルテV6の下周りを、エアコンを直しながら見る »

2012年10月31日 (水)

マセラティスパイダーザガートを納車するハレの日

 わーい、わーい!今日は天気もいいし、絶好の納車日和。”名古屋のWさま”マセラティスパイダーザガートの「納車の儀」を午前中からとり行いました。お土産に頂いた”味噌煮込みうどんセット”を今日一日のハゲミにして(笑)元気よく過ごすコトが出来ました。本当に有難うございます。無事に御帰りになったかなぁ。(→無事に400Km弱の道のりを走破して、名古屋にお着きになったと、メールを頂戴いたしましたので付記しておきます。有難うございました。 PM19:20追記)

20121031012012103102 ここからは、昨日のデポ場内の風景です。朝一番でホイールをはずし、リフトアップしたまま作業を開始いたしました。

 はずしたホイールはオモテでワタシがシコシコと洗っております。朝の水仕事が結構ツメたく感じられる気候になりました。気が付けば10月も過ぎて行くのですね。ああ、そろそろ「鍋」がウマい季節だなぁ・・・。

20121031032012103104 ・・・なんて、ワタシが感傷にヒタりつつホイール洗いをヤッてる間に、場内の「ゴリさん(三男)」はつるつるとラジエターを降ろし、ウォーターポンプを替え、新品タイミングベルトを張り・・・あっ、もうカバーが付いちゃってる。

 このように、過去に一度大掛かりな重整備を当店で施してある個体では、再度整備する段階での「ハマり」が少ないので、本当に助かります。一本のボルトを抜くのに、エアツールで5秒の場合もあれば、ボルトが折れて、ソレを除去するだけで3日になっちゃう場合もある、というのがイタ旧車の世界。

20121031052012103106 喜ばしいコトに、今回は「(泣)」系のトピックスがありませんでしたので、ここからは急遽予定を変更(笑)して、またまた下周りのおべんきょーの時間(最近コレばっかし)。

 昨日のマセラティギブリ先日のマセラティ430などと比べて頂くのも、また一興かと思います。似てるんだけど違うところが面白いですね。リア周り中央部は、やはりスペアタイヤの存在が目を惹きます。マセラティレンジャーデフのデフクーラー装着車や、いわゆるフェラーリデフ車においては、スペアタイヤとその吊り下げケージがオミットされます。昨日のギブリでは、ここにチャコールキャニスターがぶらさがってましたね。ここには写真がありませんが、スパイダーザガートでは、ソレがエンジンルーム内の左前方に位置しています。全然付いてる場所が違うんですね(モノは一緒ですけど)。

2012103107 2012103108

 

 左の二枚の写真は、上が車体後方で、下が車体の前方です。

 ビトルボ期のマセラティでは、床下のボディフロア造作部分全面に「チッピングガード」塗装がゴッテリと分厚く施されています。概してビトルボ系マセラティにおいてはボディのサビによる損傷というのが、経年を考えれば非常に少ないですが、こういった見えないところのひと手間もその一環を支えているモノと思われます。このガード塗装、ひょっとすると「旧ガ○ーヂ伊太○屋」さんがインポーターであった頃に日本仕様独自のモノとして採りいれた仕様なのかも知れませんけど、旧いロールスロイスなども床下はこのようにガードされているものが多いです。

20121031092012103110 今度はフロントバンパー周辺です。後期型フェイスのビトルボマセラティにおいて、そのバンパー材質には二種類あり、柔らかさが違います。

 バンパーのアンダーカバーは前期型フェイスのものには付いてません。この写真からも「フォグランプの電球交換は大変そう」であるとの想像が容易に出来ると思います。フロントスタビライザーの線径は、シャマルにおいてはもっとずーっと太くなっております。

2012103111_22012103112 さあ、このカットは今までに御披露したコトが無い角度だと思います。左の写真がフロントバンパー右側内部の状態、右の写真が左側内部の状態になっちゃってます。ややこしいコトしてすみません。

 「ヒャーン」音で御馴染のエアホーン二連はこんなところに入っているのでした。サイドマーカーの電球を交換するのも、クルマの下にこうして潜るか、腕のながーい(しかもヒジから先だけが)ヒトにたのんで、バンパーの裏を弄ってもらうか(若しくはステアリングをフルに切って、フェンダーライナー前半部をはずすか)でどちらにしてもワンタッチでは叶いません。その隣にある「バキュームポンプ」と称しているヤツが、エンジン始動後に「じーこら、じーこら」と音を出している部分です。

 ウインドーウォッシャータンクは結構大容量ですね。ウォッシャーポンプの代表的なトラブルはポンプ吸入口にあるネットフィルターの詰まり。タンク内に経年で生成された「澱(オリ)」がネットを詰まらせて「音はすれども、水は出ず」となります。ポンプのタンク取り付け基部にあるゴムパッキンがダメになって、ここからウォッシャー液が浸み出てしまい、気が付いたら「カラ」というトラブルもあります。いずれの場合も、その攻撃方法は前項「サイドマーカー電球交換」と以下同文であります(泣)。

20121031132012103114 リアのブレーキ、ディスクローターはソリッドです。現今スーパーカーの些かバケものじみたローターを見慣れた目には「コレで大丈夫?」と思われるかもしれませんが、必要にして充分以上の耐フェード性がありますのでご安心を。ローター内部にはブレーキライニングを装備し、コレをパーキングブレーキとしていますが、その効きは皆さんが良く御存じの通りで「必要にして不十分(大泣)」なシロモノです。車検場では「エビぞる様に」レバーを引いて、検査を通過するコトが出来ますが、毎度そんなヒキ方してたらインナーワイヤーがダルダルになってしまいます。オートマ車の方は、シフトセレクターを必ずPレンジに、マニュアル車の方は、必ず”1”か”R”かのポジションにギアを入れたままエンジン停止してクルマを離れる・・・マセラティに限らず、フェラーリなど旧いイタ車乗りには、いまや常識のハズ(笑)です。

 ゴムを鉄板に焼き込んだエンジンマウントは、ギブリのものと違いますよね。こちらは今でもリーズナブル価格なので、車検二回に一回の頻度で、最低でも交換しておきたいモノです。

20121031152012103116 洗いあげた四本のホイールは裏も表もツヤ出し剤で仕上げておき、装着の時を待ちます。

 現在、前後のタイヤサイズが異なるスパイダーザガートやカリフの場合、前後同銘柄同シリーズで選定すると、こちらのTOYOプロクセスという選択のみとなっております。「マイナーな番手」救済銘柄の「プロクセス」さんには、今後もフンばってほしいモノです。あっ、サイズ違うけど、228やシャマルもそうですからね。

 このマセラティスパイダーザガートというクルマ、ワタシの後半生をクルわせた張本人というくらいの逸品ですから、「イタリア車マニア」の方々に限らず、「クルマ好き」を自称される方々は、やはり一度味わってみて頂きたいモノです。「剛と柔」が高レベルで調和した上に、絶対的な動力性能やハンドリング領域においても、ソレが完調ならば素晴らしい世界をお楽しみ頂けます。その上、オープンエアは最高ですよ!

 それじゃー、また明日!

« マセラティギブリの下周りを詳解する | トップページ | マセラティクアトロポルテV6の下周りを、エアコンを直しながら見る »

コメント

おおお、「名古屋のWさま」こと「みっち」さま、納車おめでとうございます。
意外にサクッと納車されましたね。
是非この季節、オープンドライブを満喫してください。

それにしても下回りの写真、ベンキョーになるなぁ。
フロントバンパー左側ではなく右側の×マーク、芸が細かくで笑ってしまいました(笑)。

ところどころにある色付きパーツってみんな水色のような気が…。製造者は違いそうですが、統一しているのだかどうだか。

Wさま、誠にありがとうございます!
また、コメンテーターの諸先輩方も含め、改めてよろしくお願いします。
歴代のオーナー様が大切に扱われてきたバトンを縁あって引き継がさせていただく事になりました。
たこちゃんの後半生をも狂わせた、この究極な伊達車、粋に乗りこなせれたらなぁ〜っと思っています。

ウィンドヲッシャーはほとんど使わないのに、車検時にはぴゅーっと出なきゃ通らないし、またこれも使わなきゃ壊れそうですし、私にとっては頭痛の種。

タイヤについては納車の儀の際、「銘柄、トーヨーしかありませんけど」と説明されたのを思い出します、ビンテージフェラーリなんかだと何年に一遍かミシュランが造るらしいですね。

みっち様納車おめでとうございます、スパイダーのザガートバッジ、羨ましいです、そういえばクラブザガートの集いが12月2日、沼津であります、珍しいザガートが見れますよ。

私のクルマも、もうすぐ一年。当時の雑誌から洋書、マセラティ社の広報誌等まで集め、ますますのめりこんでいます。

 みっちさま、スパイダーザガート納車おめでとうございます。デポ謹製のビトルボは納車もさくさくですね。納車の日が、秋晴れとは!日頃の行いがよいのでしょう。ビトルボ下周りのお勉強も、残すところシャマルと3200GTとクアトロポルテくらいですか?
 先日会った人は、ランチャとマセラティとザガートの3つのクラブ会員でした(凄)。てか、その3台持っている!!

一松さま、どうもありがとうございます‼ウィンドウォッシャー、確かに悩ましいところですね。ザガートの集いもスゴそうです。見た事ない車ばかりなんだろうな。

練馬のHさまも、どうもありがとうございます‼デポ謹製のマセラティはやはり素晴らしいの一言に尽きます。ランチャ、マセラティ、そしてザガートのクラブ会員の方、スゴすぎます!こだわりのイタリア車って、魅力ありますよね。

素晴らしいスパイダーザガートの納車、おめでとうございます。マイクロ・デポの納車は本当におめでたい儀式です。
こっちまで嬉しくなってしまう。

Ryoさま、ありがとうございます!
納車の儀は、丁寧にご説明頂き天気も良く最高でした。今後ともよろしくお願いします。

私もビトルボの納車の儀を思い起こします。
車載オーディオはいまどきラジカセでした。で、岡本社長の「このラジオ、ちゃんと機能するんです。J-WAVEはいかがですか?」との
ご好意に「あっ、ボク、ニッポン放送派ですから・・・」なんて言っちゃったりして、馬鹿馬鹿馬鹿!、小市民のボク・・・って、随分昔、同じコメントしてました。
かたじけない!

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マセラティスパイダーザガートを納車するハレの日:

« マセラティギブリの下周りを詳解する | トップページ | マセラティクアトロポルテV6の下周りを、エアコンを直しながら見る »