マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティ430とミニクーパーと”おぼろ月夜” | トップページ | マセラティスパイダーザガート、超絶なり。 »

2012年10月 1日 (月)

”台風一過”の様にスガスガしいクルマ

 今日の朝、目覚めてカーテンを開けると、一面の青空。昨日東京にも強風をもたらした台風は北上したらしい。沖縄と本州中部、そして北海道と”17号”のヤツは抜けていった模様です。

 すべてのクルマ置き場をチェックして回り無事を確認。今日も、静岡県浜松より「ビトルボマセラティ」のハナシが聞きたいと仰るお客さんがご来店。マセラティ430が御希望との事でしたので、さっそく在庫にあります、台風一過の青空様な「ブルー革」をご覧に入れたのですが、色目に今一つピンと来ていない御様子でした(残念!)。ついでに申しあげますと、この内装色とは対照的に曇天の空の様な外装色(笑泣)ソフトグレーメタのマセラティ430前期型、先日第三者機関による判定を旨とする「Goo鑑定」にも供しまして、外装「☆☆☆☆(4つ)」、内装「☆☆☆☆(4つ)」、修復歴無しとの鑑定結果を得ました。20年落ちのビトルボマセラティといたしましては、やはり最高レベルの評価だとは思いますが、現状で左リアドア上部に凹みが一個、右リアドアエッジ部に隣のクルマから「ゴツン」とやられた微小なキズを見つけられまして(笑泣)、惜しくも”星五つ”を逃しました(無念→御売約しましたら、納車時には直しますから:笑)。

 鑑定士さんにも色々と細かい評価基準について根掘り葉掘り伺いましたが、そもそも鑑定の在り方自体、低年式車にはとても不利なモノであるのはワタシも承知しておりましたので、率直に云って、現在のところまで、さして広告としての実効性が出ていない「Goo」のためにわざわざ時間と手間を割かねばならないのは大いに不満なのですが、前向きに考えれば、鬼の様な旧車にあえて鑑定をつけていくというのも、自らの実力を知る上ではいいのかも知れません。

 ともあれ、数多のトラブルを克服した「ビトルボマセラティ」は、「こりゃ、ホントにスッキリしていていいですね」と、確かにプロの鑑定士を唸らせてヤリましたヨ(笑)。ダレか早くお嫁にもらってくんないかなー。

 それじゃー、また明日。

« マセラティ430とミニクーパーと”おぼろ月夜” | トップページ | マセラティスパイダーザガート、超絶なり。 »

コメント

本日はお忙しいところ、突然お邪魔致しましてすみませんでした。(だいぶ作業に支障をきたしたのでは)ホームページだけでは伝わりきれないディープなお話を聞かせて頂き、有意義でやはり行って良かったです。ありがとうございました。

昨年は台風上陸でひどい目に遭いましたが、今年はなんとか停電くらいですみました。

今朝はシオだらけのクルマと自転車を洗いました(もちろんビトルボマセラティは毛布、ボディーカバー、車庫の三段構えですので洗車とは無縁)。

ところでブルー内装、私は好みです、なんか「舶来!」って感じで、グリーンなんかもいいなぁ。

なかなか綺麗に保っていられなくて、忸怩たる思いを持ちつつ乗っております。

色味は本当に一目見たときにピーンとくるかどうかですから、人それぞれの出会いと思います。
かくいう私も「アレ」にやられちゃいましたからなあ、青内装の。

在庫車全車無事で何より。
こちらは海沿いでシオ+松葉まみれ。週末まで手がつけられず。
あー、スカッと洗いたい(笑)。

「Goo鑑定」は、テストの採点結果をもらうようなドキドキ感があったのではと思います。
でも、超絶仕上げであれば合格間違いなしです。

 昨日は、早朝ドライブ後にみっちりクルマ綺麗にしました。そして、約3年間使用していたカバー取ると白い粉が付きまくる「あの安物カバー」を捨てました。たこちゃんに教えて頂き注文した、某社のカバーを掛け、その上に、昔乗っていた某国産車のボロボロカバーの2重掛けとして、台風に備えました。問題なしでした!ああっ屋根付き車庫が欲しいです。
 430の査定が、「☆4つ」とは、流石にデポものですね。納車前は当然「☆6つ」ですね(笑)!鑑定士さんも納車に付き合わせたいです。なかなかいかないソフトグレーメタの430にも早く春が来ると良いですね。今月末の土日は、○dayがあります。それが楽しみで、今月も乗り切りたいです。そういえば、今夜、たまたま見たBSで、クリント イーストウッドの「グラン・トリノ」をやっていました。なかなか良い映画でした。取り留めないコメントで失礼します。

ホントならね~こういう一風変わった430私的にはドンピシャなんですがね。
タイミングが悪い。内装だけでも買いでしょう。走ったら外装色なんかどうせ自分で見れないんだから。あの抜群の座り心地プラス、ブルーの醸し出すえもいわれぬ雰囲気。定番のアイボリーあたりより私は好きです。

この430の内外装の絶妙なバランスは素晴らしい。
重厚な外観。
重厚感を引き立てる渋い外装色。
豪華かつ妖しげなブルー革の内装。
毎度ながら造形の美しいエンジンルーム。
こんな組み合わせはなかなか有りません。
ほらほら、欲しくなってきたでしょ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ”台風一過”の様にスガスガしいクルマ:

« マセラティ430とミニクーパーと”おぼろ月夜” | トップページ | マセラティスパイダーザガート、超絶なり。 »