マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« 光が丘公園の、初冬と云うにはまだ早い朝 | トップページ | セブンの世界 »

2012年11月13日 (火)

あこがれのスーパーカー(笑)

 はい、こんばんは。今日は天気もいいし、朝もハヨからマセラティクアトロポルテV6前期型の商品化作業に邁進していたワタシ。デポ場内で行なわれているエボV6(さいたまのTさま号)へのナビ配線取付作業と、それと並行して行なわれているエンジン周りの最終組立作業にハジき出されて(笑泣)、ワタシはずーっとオモテで作業やってたのですが、ソレがもう、「♪さーんぼすすんで、ごじゅっぽさがるぅー(大泣)」みたいな匍匐後退の連続で・・・。夕方になったら、コシはイタいし、目はカスむ。

 デポ場内の二つの作業は、比較的にサクサクと進んだ模様で「いと羨まし」。エボV6は無事にエンジンの再始動に成功し、軽やかなエキゾーストノートを奏で、ナビも爽やかにデジタルの威力を発揮して美しいテレビ映像を結んでおりました。

 一方のワタシの方はと云えば、スッカリ打ちひしがれて(なにせ、一日頑張った甲斐も無く、50歩さがっておりますので:笑)おりますので、なんか”現実逃避”したい気分。そんな時は、久しぶりの「懐かしネタ」に逃げてみようと思います。とは申しますものの本日のネタ、実は三週間前くらいに出そうかなと思っていたのですが機会を逸していたモノですので、ちょうどヨカッタ。

 往年のスーパーカーブーム時期に放映されていた、(ギリギリで)昭和36年生まれ~昭和43年生まれの方にしか分からないと思われる”幻のクイズ番組”、「対決!スーパーカークイズ(ウィキペディアによる解説)」の”当時音源(音出ます、注意!)”をユーチューブで見つけてしまったので、聞いてみてください。

 まずスゴイのが、番組本篇直前のコマーシャル。王冠の裏をめくると、スーパーカーの絵が出てくるというキャンペーンをやっていた頃の「チャンチャンチャンスのコカコーラー」CMソングをピンクレディーがやってて、ダレが何と云おうとも”1977年テイスト”が炸裂!

 タイトルコールの後、おそらくはカウンタックのエキゾースト音(2速に入れてからのツインカムサウンドが心躍る)。そして「ああ、コレが聞きたかったんだよぉよぉよぉー(笑)」の番組主題歌”あこがれのスーパーカー”・・・♪ボクのあこがれ、ボクのこいびと、すぅーぱぁーかぁー(ラんぼるぎいーに、カぅんたっ!!)、すぅーぱぁーかぁー(ポるしぇぃ、ないんすりーお、ターぼ)、すぅーぱぁーかぁー(フェらぁーりぃーベるりねったぼくさーぅ)、すぅーぱぁーかぁー(ませらってぃーボぉーら、イっつ、なんばぁーわん!!)・・・「さあ、スーパーカーにクイズでチャレンジだ!GOGO!!(ナレーション:野沢那智さん)」

 四番目にコールされているのに「イッツ・ナンバーワン!」とひとりダケ云ってもらえてる「マセラティボーラ」は一体何なんだ(四番目に呼んでるけど、ホントはコレが一番いいスーパーカーなのよ、マセラティはちょっと地味だから四番目にしちゃったんだけど、みたいな事か?:笑)。いずれにしても、一番の冒頭歌詞に出てくる4台が、ブーム時の”四天王”だったのでしょうかね。3:35あたりからは(音声が明瞭ではないので、ちょっと聞きとりにくいのですが)「アルピーヌA110」とか、「エクスキャリバー」なんてかなりマニアックなのも出てくるけど、このあたりはスーパーカーカード的には”ハズレ(笑)扱い”ですな、どう考えても、やっぱり。

 年代的にジャストミートなヒト以外には、今日のネタはちょっとキツいよな(すいません、ワタシ一人で盛り上がってて)。一方で、こんな番組、再放送もされないので、実に35年ぶりに聞く「♪ボクのあこがれ・・・」は、ハマり世代の方々にとっては”脳髄を直撃”だと思いますよ(ホンになつかしー:笑)。中学校の頃、休み時間に「ボールペンのケツで”スーパーカー消しゴム”をはじいて行なうレース」を開催する時には、皆口々に「♪ボクのあこがれ、ボクのこいびと、スーパーカー」とボソボソ歌いながらやってたモンです(練馬の中学校はラベルがヒクかったのかなぁー:笑泣)。それから幾星霜、マセラティもフェラーリも、あこがれでもこいびとでも無い「日常」と化してしまったワタシ、今月49になりますけど、なにか?(まったく進歩無し:笑)

 それじゃー、また明日!

« 光が丘公園の、初冬と云うにはまだ早い朝 | トップページ | セブンの世界 »

コメント

私もブームど真ん中、脳髄直撃組です。買いましたよBOX〇のノック式ボールペン。
消しゴムの裏には塗りましたセメダイ〇。距離は延びるが自爆のリスクが高まるっつーおなじみのチューンナップ法。うちの小学校もラベルが低かったのか…
しかしこの番組観てるとたいして年の違わない一部のこまっしゃくれたガ…、いや、お友達がスーパーカーの知識をまるで自分が所有してるかの様に、得意げに回答してるのになぜか「イラッ」としてたのを覚えてます。(笑)
しかしトシあるね。

地方では東京12チャンネル(現テレビ東京)系は基本映らないので
初めてお目にかかりましたが、実際放映していたら間違いなく食いついたことでしょう。
”1977年テイスト”がとてもいい感じ。

しかしながら昔の東京12チャンネルは、現在以上に他の民放局にない
ローカル独自路線がモチーフでいい味出してましたね。

↑↑&↑「松戸のS」さん、「Wさま」さん、いつも有難うございます。”スー消し”究極のチューンナップ法は「シンナーにドブ漬け」でした(笑)。なぜか全体的に一回り小さくなり、カチンカチンに固まります。ひとハジキで速攻コースアウトです。

1971年生まれですが4つ年上の兄の影響でスーパーカーに憧れました。兄が買ってきた雑誌にペラペラに薄いレコードの付録が付いており、スーパーカーのエンジン音の特集で兄の解説で神妙に聞き入りましたが、どんな音かなんて忘れてしまいましたよ。
スーパーカー消しゴムは当時20円のガチャガチャでコレクションするのが流行りまして。やはりBOXYのボールペンで弾いて競うレースを小学高の休憩時間にやりました。
裏面に塗料を塗ると滑りが良くなる反面、相手を机から弾き飛ばそうとして体当たりすると、グリップしない自分の方が弾け飛んで自爆したりと。
・・・随分昔、似たようなコメントをしていたような・・・。

 私もど真ん中(米沢牛の駅弁みたい)です。しか〜し、受○戦争まっただ中で、このスーパーカークイズをみた記憶がありません。しかしこの曲はなんとなく覚えています。
 そしてBOX○のボールペンにスプリング2個入れて、強化したのを使い。スーパーカー消しゴムは自分で買えず、お友達からもらっていました。だからいつもロータスヨーロッパとか、マセラティでした。それにセメダインを塗るか、ホッチキスの針を埋めていました。日曜日は、四○大塚の教室でやってました。最後はグリコのおまけの車輪付きミニカーを使っていましたね。リアの端を上手く、BOX○のボールペンではじくと、ややドリフト気味になったのを覚えています。なんとも苦しくとも楽しい時代でしたね。
 そういえば、先日書店に行くと、「昭和40年男」という雑誌があり、スーパーカーの記事が掲載されていて、つい購入してしまいました。それもvol.16って、よくネタが在るもんだと思います。ブログも
http://www.s40otoko.com
あるようです。

「シンナーにドブ漬け」なのは本人じゃなく、スー消しの方ででよかった。(笑)
うちの地域にはなかったチューニングあるね。さすが東京。

そうそう。ジュース瓶の王冠の裏にゴムのような材質が貼って有り、針で剥がすと当たりだったり、スーパーカーだったり、スターウォーズのキャラクターだったり・・・30年ほど昔の話です。 
スーパーカーやヨーヨーが流行ったのは兄の世代の頃。
私の世代では同級生がチョロQ、キンケシ、ガンプラにハマっておりました。

こんなディープな番組があったとは知りませんでした。
たしか8歳のころ、1977年に長島温泉(三重県)でスーパーカーショウなる物が
ありまして、親に頼みこんで連れて行ってもらったのが輸入車好きになった原点になりました。カウンタック、ミウラ、デトマソ・パンテーラ、512BBを始めとして見たこともない
シルエットと音に衝撃を受けました。で、勿論やりましたスー消しの遊びも。

お久しぶりです。私も欠かさず見てました(笑)。小学校の2年だったでしょうか。
私も学校でスーパーカー消しゴムをはじいてレースしてました。
友達はプラカラーにドブ漬けしてましたよ。
あのころ大好きだったのはストラトスでした。ってことはあんまり変わってないな(^_^;

懐かしいなー、と思っていたら、なぜか私の頭の中には、
カウンタックマンと同時にデンセンマンとベンジャミン伊東が出てきちゃいました(>_<)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あこがれのスーパーカー(笑):

« 光が丘公園の、初冬と云うにはまだ早い朝 | トップページ | セブンの世界 »