マイクロ・デポ株式会社”公式ウェブサイト”「マセラティに乗りませんか・・・」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ

« マセラティクアトロポルテV6前期型にフューエルクーラーを新装してみた(H24.11.8:改訂版) | トップページ | マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネ、エンジン周辺も見てみよう!!(その1) »

2012年11月 8日 (木)

マセラティクアトロポルテV6を、早速試運転してみた

 あおぅー○×△□!!(コトバになってない)・・・すいません、スイマセン、す・み・ま・せ・ん!!昨日の当ブログで御紹介したフューエルクーラーなんですが、最後から二番目の”フューエル流路”の写真とその解説文に完全に”事実と逆”のコトを書いてしまっていたのに気が付いたので、「改訂版」として直しておきました。もう一度お手数ですが、昨日の最後の段落のみ目を通しておいてください。

 言葉足らずになってしまっていた部分もあります。まず昨日このクアトロポルテV6に装着したフューエルクーラー、”基本的な造り”と、”装着位置”に関しては、”デ・トマソ期マセラティ”を踏襲しております。しかしながら、フューエルライン(デリバリー方向)のエンジンルーム内への取り出し位置が”デ・トマソ期モデル”と””フィアット期モデル”ではバルクヘッドの左右で逆になっているために、デ・トマソ期モデルでは、リターン経路途中にフューエルクーラーが位置するのに対して、このたびのクアトロポルテではインジェクタ手前のデリバリー経路に相当する部分にフューエルクーラーを設けることが出来ちゃって(笑)いたのでした。皆さん、もうコレで、ワタシを「ボケ老人」呼ばわりしても全然結構です(ホント、トシあるね:笑泣)。

 お詫びと訂正はコレくらいにさせて頂いて、本日はそのフューエルクーラーの実力を探りつつ、エアコンをLO全開にしたまま東京都内の城北地区を徘徊(笑)試運転してまいりましたので、そちらの様子をお届けいたしましょう。

20121108012012110802 午前中に支度が出来ましたので、早速レッツゴー!!

 ドライバーは岡本次男、コドライバー&撮影係はワタシであります。

 「とりあえず、ドコ行く?」「どっか、無理やり渋滞しそーなトコがいいな」・・・まずは、デポを出て”笹目通り”を走ります。いざムリヤリな条件を求めると意外と思い浮かばないモノではあるな。

20121108032012110804 ”笹目通り”を谷原方面に走るとアンダーパスがあって、それをそのまま潜ると、そこからは自動的に環状八号線に入って行きます。

 平日の午前中ですが、今日は比較的交通量が少ない感じですね。こうなったら、いっそのこと、もっと東京の内側へ内側へと入り込んで行くルートにしてみようというコトになり、環状八号線を井荻トンネル分岐手前で左折、目白方面を目指す様に走ります。

20121108052012110806 JR目白駅前を通過して、日本女子大前、田中角栄邸前、椿山荘前を走ります。

 ああ、まったくもって「ぜっこうちょー」です。エンジンは一向にグズる気配もありません。

 時々メーターの指示位置や各インジケーターランプにも目を遣りますが、こちらの方にもまったく異常は見られません。「どーする?」「もうちょっと混んでるところ、行こ」

20121108072012110808 なんか、文京区小日向あたりの曲がりくねった坂道ルートをわざとエンジンにロードを掛ける様に走りまわってみたりしていると、そのうちようやく知ってる道に出てまいりました。

 ああ、ここは文京区春日の手前あたりですね。ここに”春日”という街が存在するせいで、我が都営地下鉄大江戸線の”春日町”が”練馬春日町”と練馬の冠を付けて呼ばれるコトになってしまったのでしょう。

20121108092012110810 文京シビックセンター(まっ、立派な公会堂だこと)前を右折しますと、かの有名な”東京ドームシティ(ムカシの後楽園ゆうえんち)”が目の前に出現いたします。

 そー云えば、”巨人”、知らない間に日本一になってたんですね、今年の日本シリーズでは。ワタシの”スポーツ関係オンチ(モータースポーツも含む:泣笑)”にもアキレますが。ここ東京ドーム前交差点でも、信号待ちの間にメータークラスター内を色々と確認します。

20121108112012110812 「あー、なんかもうメチャクチャに混んでるところ無いかなぁー」「あっ、アレいってみよー!首都高五号線」

 ・・・というワケで、急遽ETCカードをガザゴソと探し出しまして、首都高へと分け入ります。「うんうん、なんとなく流れがイマイチでイイ感じだな」と通常とは反対の思考回路により、もはや渋滞が嬉しいと感じられてしまうのでありました。

20121108132012110814 と思いきや、完全停止する程の渋滞は起こらずに、かと云ってカッ飛ばせるワケでもなく、ダラダラと時速50~60キロで巡航しております。

 先程まで、下を走っていた江戸川橋の上空に掛かるあたりをアッと云う間に通過してしまい、そのうち「サンシャイン60」がタワーマンション群の陰から姿を現しました。ああ、ここはもう”池袋”上空であります。それにしても、先日の”東京タワーねた”の時にもチラっと触れた「サンシャイン60ビル」も、いまやスッカリ影が薄い存在になり果ててしまっていたのですね。いつも、ここを通る時は操縦者であるコトが多いので、池袋界隈をじっくりと眺めたのは本当に久しぶりです。

20121108152012110816 そのうち東池袋でメタリックブルーの偉容を誇る「アムラックス東京」が見えてまいりました。ここは、トヨタのショールームなのですが、お台場の”メガウェブ”と並んで、現在の世界水準国産車をまとめて”べんきょー”するにはもってこいのスポットです。

 「サンシャイン60」の方も、助手席の窓ごしに瞬間撮影。このビルもワタシが中学生の頃に誕生したんだったと思いますが、コレが建つ以前の東池袋なんてところは、「巣鴨プリズン跡地」というコトもあって、なにかしら番外地感が漂っていたように思います。ちなみに、新宿副都心のビル群が、「東京都水道局淀橋浄水場跡地」であるコトも今ではスッカリ忘れ去られていますね。

20121108172012110818 ・・・おおー、板橋本町ジャンクション(中央環状線:C2への分岐)を前にして、”右往左往のややこし合流”による渋滞が発生。ここには”ゆずり合い”の文字はカケラもありません。みな、それぞれに「オラオラばしり」で目前の状況を打破しようと懸命です。まあ、この道路を設計したヤツがとりあえずはアンでポンでタンだったのだから、いたし方ありませんけど・・・今日はユルす(じゅーたい、うれしいなっと:笑)。クアトロポルテは平穏そのもので、中台ランプが見えてまいりましたので、そのまま下界へと降りるコトにいたしました。

20121108192012110820 中台ランプを降りますと、すぐに交差点があり、交差する道路が環状八号線です。

 ちなみに、コレでもマイクロ・デポは目指せますが、初めての方が首都高五号線経由で御来店くださる場合には、中台の先にある高島平ランプで降りて、すぐの信号を左折、その”笹目通り”をひたすら谷原方面に直進、土支田交差点(右手に電器のコジマ、左手に紳士服のアオキ)を左折、15メートルで右側にあります。本日は試運転のため、わざとややこしいルートを選択しております。環状八号線をしばらく走ると、平和台、春日町と来て、春日町で右手に曲がれば光が丘方面へと誘われます。

20121108212012110822 ひー、とりあえずクアトロポルテフューエルクーラー改装後第一日目の試運転は無事に終えました。明日以降も条件を変えながら続けてみたいと思っております。

 戻ってきて、空ぶかしを一閃、エキゾーストパイプからは水気がピューピューと吹き出しています、これこそは完全燃焼の証。クアトロポルテにはよくある”チェックエンジンランプ”点灯も無いし、とりあえず今日のところは”仮免”合格といったところでしょうか。

 ・・・ああ、出題役の”教授”が「パー」なんですから、「ビトルボ検定」開催などオコガマシイですね。今日のワタシは、まったくもって「不合格(泣)」。ぶって、ぶって・・・。

 それじゃー、(気を取り直して)また明日!

« マセラティクアトロポルテV6前期型にフューエルクーラーを新装してみた(H24.11.8:改訂版) | トップページ | マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネ、エンジン周辺も見てみよう!!(その1) »

コメント

あー、なんか拙宅前をさりげなく通過されましたな。ま平日午前中では為すすべもありませんが。

フューエルクーラー、あまりに細やかな配慮に恐れ入っています。原因の追求・除去と症状への対策、果てしない…。

ま、「たこちゃんも筆の誤り」といったところでしょうか。
「ボケ老人」なんてとんでもない。
一般人よりよっぽど頭、体力共に使ってると思います。

テスト走行、ちょっとした「東京小旅行」を味あわせていただける内容です。
確かに「5号線 護国寺」なんかはAMラジオの渋滞情報でよく耳にし混んでいる
イメージがありますね。

まさに以前住んでいた所や勤務地、家族を残し家を出て新しい暮らしを細々と始めたあたりをクルージングなさったんですね。まざまざと映像が広がります。なんか懐かしい。あの女達、この女達、みんな元気でやってるかい? きっと男と違い、昔のことなどすっぱりと忘れ去り、今の生活を送っているんだろうな。
きっかけはマセラティでした、はい。蜘蛛女のマセラティ。マイクロデポの近くに住んでしまったことが私の人生を変えたといっても過言ではありませんが、、、必然であったのでしょう。
ありがとうございます。幾度も崖っぷちのスリルを味わいました。箱根でも大磯でも人生でも。222SR、222 4V、ギブリ、車も私も常時スピン状態でした(です)。いい時は最高、悪い時は最低。嘘のつけないいい奴です、マセラティは。エンケンみたいです。
さあ、みんなもマセラティに乗って崖っぷちの人生を味わいましょう。

↑なんだかマセラティという業を背負ったりゅたろうさまのコメントが凄深い。そういえば同級生が、ベルデメキシコのクアトロポルテV6 MT エボリツィオーネを、数年前に一度手放して、また買い戻したと。。。マセラティの業を背負った人があちこちにいます。
 たこちゃんと次男さんが2人でドライブ(まあ試運転)とは、それも知っている風景ばかり! 朝7時過ぎからなら、どこもかしこも都内は渋滞なんだけど、明日は10日で混むでしょう。渋滞負荷試運転を上手くクリアーして、早く納車されるといいですね。
 フューエルクーラーの件、誰かが指摘していたらすごいかも。間違いは誰でもあります。気がついたんだからボケ老人ではありません。
 

試運転ご苦労様です。
渋滞を待ち望む、逆思考のエピソード、面白いですね。
QPも久しぶりに秋晴れの中を走りたかったのでしょうか。
今日も一日、一日と指折り数えてお待ちしております!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マセラティクアトロポルテV6を、早速試運転してみた:

« マセラティクアトロポルテV6前期型にフューエルクーラーを新装してみた(H24.11.8:改訂版) | トップページ | マセラティクアトロポルテV6エボルツィオーネ、エンジン周辺も見てみよう!!(その1) »